おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

まぼろし

↓↓↓本日(2009/08/17)UP↓↓↓
c0186202_2282729.jpg結婚生活25年目の50代の夫婦マリーとジャン。子供はいないが幸せな2人は、毎年夏になると訪れているフランス南西部のランド地方の別荘にやってくる。しかし、人気のない海辺でマリーが眠っている少しの間に、海に入ったはずのジャンが行方不明になってしまう。ヘリコプターを使った警察の捜査でも手がかりはつかめない。数日後、パリに戻ったマリーだが、やがてジャンの幻が見えるようになり・・・。

フランソワ・オゾン監督が愛する伴侶を突然失った女性の深い喪失感を描いた作品。
マリー役のシャーロット・ランプリングが、今なお衰えぬ美しさを漂わせて、哀しみに耐え死を受け入れていく女性を存在感たっぷりに演じている。特に、新しくできた恋人とベッドを共にするシーンで、「あなたは軽いのよ・・・」と笑い出すシーンは圧巻である。まさに、彼女の存在抜きでは考えられない作品である。

ラストシーンで、遠くの海岸線に見えるジャンのまぼろしに向かって、マリーは走り出す。
この美しくも、哀しいラストシーンが、何ともいえない余韻を残す作品である。
2002年度 キネマ旬報ベストテン 第5位。
評価:★★★★★
まぼろし<初回限定パッケージ仕様> [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-17 00:01 | マ行

過去のない男

↓↓↓2009/08/16 UP↓↓↓
夜行列車でヘルシンキに着いた一人の男。彼は突然暴漢に襲われて、瀕死の重傷を負う。奇跡的に一命は取り留めるものの、過去の記憶を全て失っていた。しかし、幸運にもそんな彼にコンテナで暮らす極貧の一家が手を差し伸べ、男は彼らと穏やかな生活を送り始める。やがて、日雇い労働をして暮らすようになった彼は、救世軍で働く女性イルマと出会い、心を通わせていく・・・。

過去の記憶を失った男が新しい人生を歩いてゆく様を描いた、アキ・カウリスマキ監督によるユーモラスな感動作。
過去のない男を、マルック・ペルトラが演じる。
イルマ役を、カウリスマキ作品の常連カティ・オウティネンが演じ、2002年カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞している。

恋心の芽生えとともに、救世軍主催のロック・コンサートを企画したりと、男が行動的になっていく様子が淡々と描かれており、素晴らしい。
全編に流れるフィンランドのムード歌謡(イスケルマ)の名曲の数々とともに、挿入歌として流れるクレイジーケンバンドの「ハワイの夜」が印象的である。
人にとって過去の記憶は、その人の人格を形成する上で、とても重要だと思う。でも、それ以上に大切なのは、現在を精一杯に生きて、未来に生きることである。自分が年老いても、出来る限りそういう生き方をしたい。そんなことを感じさせる映画であった。
2002年度 キネマ旬報ベストテン 第7位。
評価:★★★★
c0186202_21473498.jpg
過去のない男 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-16 00:01 | カ行

鬼が来た!

↓↓↓2009/08/15 UP↓↓↓
第二次世界大戦末期、中国・華北の寒村。ある夜、マーの家に「私」と名乗る拳銃を持った男が訪れて、麻袋を2つ押しつけていく。1つには日本兵の花屋が、もう1つには中国人通訳トンが入れられていた。マーは彼らを晦日まで預かるように脅されたのだが、約束の日を過ぎても「私」は現れない。村人たちは彼らの扱いに戸惑いつつも、次第に心を通わせていき・・・。

日本侵略下における中国人と日本人の関係を、ときにユーモラスに、そして凄惨に描いたチアン・ウェン監督・主演作品。
マー役のチアン・ウェンが、突然の災難に困惑する男を演じている。
花屋役の香川照之は、捕虜としての滑稽さと、兵隊としてに残忍さを見事に熱演している。

前半のほのぼのとした展開に対して、後半の日本軍と村人たちとの宴会シーン。このシーンでの「何かが起こりそうな一触即発の雰囲気」が観る者に異様な緊張感を与えている。
虐殺シーンには目を覆いたくなる。しかし、これは戦時中の日本人の行為であって、戦後の日本人である私たちには到底考えられないと言い切れるだろうか。
過去・現在・未来を通じ、日本人も中国人も関係なく「鬼」という内なる狂気を秘めた「人間そのもの」を描いた作品だと私は感じた。
2002年度 キネマ旬報ベストテン 第3位。
評価:★★★★
c0186202_2041528.jpg
鬼が来た! [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-15 00:01 | ア行

戦場のピアニスト

↓↓↓2009/08/14 UP↓↓↓
1939年9月、ポーランド。ナチス・ドイツがポーランドに侵攻し、ワルシャワのラジオ局でピアノを弾いていたウワディスワフ・シュピルマンショパンとその一家も、ユダヤ人に対する移住命令によって、ゲットー(ユダヤ人居住区)へ強制移住させられる。ゲットー内のカフェでピアノ弾きの職を得たシュピルマンは、様々な迫害に遭いながらも静かに時をやり過ごす。
1942年、一家を含む大勢のユダヤ人が、収容所へと向かう列車に乗せられる。その時、シュピルマンだけは、知人のユダヤ人警察所長ヘラーの機転で救われ、その場を逃れるのだった・・・。

実在のユダヤ人ピアニストの回想録をもとに、戦火を奇跡的に生き延びたピアニストとその生還に関わった人々の姿を描き、2002年カンヌ国際映画祭のパルムドール大賞を受賞した作品。
監督は、自身もゲットーで過ごした過酷な体験を持つロマン・ポランスキー監督。
ユダヤ人が虫けらのようにナチスの親衛隊に殺害されるシーンは、実際の体験者でなければ描けない恐怖が溢れている。

主人公のシュピルマン役をエイドリアン・ブロディが演じている。
彼は、映画の中で英雄的な行動をするわけでもなく、常に傍観者の立場で、周囲の人間に助けられながら訪れる危機をクリアして生き延びていく。多くの死の中から選ばれた、彼の生の意味は「神が彼のピアノを愛した」ということなのだろうか・・・。
2003年度 キネマ旬報ベストテン 第1位。
評価:★★★★★
c0186202_214862.jpg
戦場のピアニスト [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-14 00:01 | サ行

クリムゾン・タイド

「サブウェイ123 激突」公開記念として、トニー・スコット監督作品です。
↓↓↓2009/08/09 UP↓↓↓
c0186202_22303010.jpg199X年。ロシアの国粋主義者が、シベリアの核ミサイル基地を占拠。アメリカの戦略原子力潜水艦アラバマに出撃命令が下る。
出撃から6日目、目的海域に達したアラバマは、臨戦態勢に入った。
そして出撃から12日目、アラバマのソナーが敵潜水艦の影を捉える。ペンタゴン(米国防総省)から通信が入ったその時、敵魚雷がアラバマをかすめて爆発した。通信は途中で遮断され、ミサイルの発射か中止か、はっきりしない。核攻撃命令をめぐって、艦長のラムジーと副艦長のハンターは真っ向から対立する・・・。

核戦争の危機に直面した原潜内での極限状況を、トニー・スコット監督がスリリングに描いた軍事サスペンス。
ラムジー役のジーン・ハックマンが、歴戦の叩き上げの艦長を演じる。
ハンター役のデンゼル・ワシントンが、ハーバード大卒のエリートで着任したばかりの副艦長を演じる。
武器将校ウェップス役をヴィゴ・モーテンセンが演じ、脇を固めている。

「潜水艦映画にハズレなし」と言われるが、全面核戦争を引き起こしかねない原潜を舞台に、極限状況下で二者択一を迫られる乗組員たちの人間模様が、緊迫感たっぷりに描かれる。
ジーン・ハックマンとデンゼル・ワシントンの激しい演技の応酬は、見応え十分である。
脚本にクエンティン・タランティーノがノンクレジットで参加しており、「スター・トレック」に関するエピソードは彼がリライトしたものと思われ、タランティーノらしさが出ていて、なかなか面白い。
評価:★★★★
クリムゾン・タイド 特別版 [DVD]
c0186202_22431455.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-09 00:03 | カ行

キューティ・ブロンド

↓↓↓2009/08/08 UP↓↓↓
陽気で天然ブロンド美女のエル・ウッズは、学校一の人気者。だが婚約寸前までいった恋人のワーナーに髪がブロンドすぎて政治家を目指す自分の妻にふさわしくないと、ふられてしまう。エルは、ワーナーがハーバードのロー・スクールに進学すると知ると、自分も猛勉強を開始して、見事に入学するのだった。しかし、再会したワーナーは、すでに婚約者のヴィヴィアンと交際しており、彼女はエルを学園の邪魔者扱いする。それが逆にエルのやる気に火をつけるのだった・・・。

超一流ロー・スクールに合格した陽気なブロンド美女が、ポジティヴに目標に向かって突き進むさまを描いたコメディ。
エル役のリース・ウィザースプーンの、根拠のない自信に満ち溢れた前向きさには、いつの間にか感動してしまう。
ロバート・ルケティック監督による、落ち込んでいる時におススメの映画!
評価:★★★★★
c0186202_22411246.jpg
キューティ・ブロンド (特別編) [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-08 00:01 | カ行
↓↓↓2009/08/07 UP↓↓↓
TVリポーターのブリジットは、弁護士のマークと付き合い始めて6週間。幸せの絶頂だった。しかし、マークと美人アシスタントのレベッカとの噂や、互いの行き違いが原因で大ゲンカをしてしまう。落ち込むブリジットのもとに、TVリポーターに転職した最低男ダニエルとコンビで、タイへ旅行番組の取材に行くという話が舞い込んでくる・・・。

監督がビーバン・キドロンに変わった、大ヒット映画「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編。
前作以上に、役作りのためにポッチャリしたレネー・ゼルウィガーの役者魂はすごい。
真面目な弁護士マーク役をコリン・ファース、浮気男の上司ダニエル役をヒュー・グラントが前作に引き続き、出演している。

前作は恋に仕事に奮闘するブリジットに好感が持てたが、本作は空回りするブリジットが目に付き、イマイチ好感が持てなかった。
恋は成就してからが、難しいということだろうか。
評価:★★★★★
c0186202_23325459.jpg
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-07 00:01 | ハ行
↓↓↓2009/08/06 UP↓↓↓
ロンドンの出版社に勤めている32歳、独身、ダイエットが目標のブリジットは、ある夜セクシーな上司ダニエルと急接近する。しかし、彼はとんだ浮気男だった。傷心のブリジットは、TVリポーターに転職する。やがて、ブリジットは以前紹介された弁護士マークと再会し、彼女に好意を示してくれる。そしてブリジットの33歳の誕生日の夜、マークがお祝いに来るのだが、そこへダニエルが現れる・・・。

恋に仕事に奮闘する女性主人公の活躍を描いた、シャロン・マグアイア監督による爽やかなコメディ。
ブリジット役のために、6キロも太ったレネー・ゼルウィガーの役者魂には脱帽である。
真面目な弁護士マーク役をコリン・ファース、浮気男の上司ダニエル役をヒュー・グラントが演じる。

イギリス人監督によるロンドンが舞台の作品なだけに、「いかにもイギリス映画」という趣きが強い作品になっている。
主演のブリジットに、独身の30代女性なら、色々と共感できるのだろうか。
気軽な気持ちで観れる、後味が爽やかなロマンチック・コメディ。
評価:★★★★★
c0186202_0254732.jpg
ブリジット・ジョーンズの日記 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-06 00:01 | ハ行
↓↓↓2009/08/05 UP↓↓↓
ニューヨーク。女性誌の編集者アンディは、男と別れたい女性のための「10日間で男にフラれる方法」という企画を書くことになる。一方、広告代理店に勤めるベンは、上司から「10日以内に恋人をつくれば宝石店の大きな仕事を任せる」という約束を取り付けていた。そんなアンディとベンは、とあるパーティ会場で偶然出会い、互いの本心も知らずにデートの約束を交わす。アンディは、交際が始まるとすぐに、ベタつく+スネる+わがままをこねるといった女の武器を総動員して、彼から振られるべく奮闘するのだが・・・。

互いの思惑を秘めたまま、「偽りの恋愛」を繰り広げる2人をユーモラスに描いたドナルド・ペトリ監督によるラブ・コメディ作品。
アンディ役のケイト・ハドソンがとにかくキュートで、そのワガママぶりが笑いを誘う。傑作コメディを多く残している母親のゴールディ・ホーンを超えられるか、今後も注目していきたい。
ベン役は、マシュー・マコノヒーが演じている。

2人のやりとりが楽しめる作品ではあるが、エンディングで、もう一捻りロマンチックな結末を用意して欲しかったと感じるのは欲張りすぎだろうか。
評価:★★★★★
c0186202_23305586.jpg
10日間で男を上手にフル方法 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-05 00:01 | タ行

Ray/レイ

↓↓↓2009/08/04 UP↓↓↓
ジョージア州の貧しい家庭に生まれたレイ・チャールズ・ロビンソン。病弱ながらも、常に毅然とした母アレサによって、彼は弟と仲良く育てられた。だがある日、弟が溺死してしまう。そしてレイも7歳の時に、視力を失い、それ以来「音」に光明を見いだしていく。
1948年、17歳になったレイは、シアトルに出て音楽活動を始める。ピアノの才能を認められたレイは、バンドのツアーに参加し、盲目の天才と呼ばれるようになる。だが、その一方で麻薬に溺れ始めるのだった。
それでも、1952年にレコード契約を結び、1954年にはゴスペル・シンガーのデラ・ビーと結婚しソロのレコードでヒットを飛ばす。やがて息子が生まれたレイは、音楽界で成功し、幸福な家庭を築くが常に新しいものを生み出さねばならないというアーティストとしての焦燥感から、ヘロインと女に溺れていく・・・。

本作の完成直前に惜しくも他界した盲目の天才ミュージシャン、レイ・チャールズの生涯を、テイラー・ハックフォード監督が映画化。
レイ役のジェイミー・フォックスは、本作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞している。劇中でのピアノ演奏シーンはすべてジェイミー・フォックスの実演とのことで、レイの体を掻く癖や喋り方を完璧にマスターして演じている。

本作では、何度もフラッシュバックで、レイが失明してからも決して甘やかさなかった母親の姿と、故郷の原風景が挿入される。
レイが次々とヒット作を生み出し、どん底の状態から這い上がる原動力となったのは、母親との記憶と、黒人としてのアイデンティティだったということが丹念に描かれた作品。
評価:★★★★★
c0186202_028782.jpg
Ray / レイ [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
# by movie4life | 2009-08-04 00:01 | ラ行