おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

チェンジリング

1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズは、9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある土曜日、彼女は休暇を返上して、ウォルターをひとり家に残したまま仕事へ向かう。やがて夕方、彼女が帰宅すると、ウォルターは忽然と姿を消していた。警察に通報し、翌日から捜査が始まる一方で、自らも懸命に息子の消息を探すクリスティン。
5ヵ月後、ウォルターがイリノイ州で見つかったという朗報が入る。ロス市警の演出によって報道陣が集まる中、列車で帰ってくる我が子を駅に出迎えるクリスティン。だが、列車から降りてきたのは、ウォルターとは全くの別人だった。
息子だと言い張る少年。クリスティンの訴えを聞き入れない警察。一体ウォルターはどこへ消えたのか?息子をこの手で抱きしめるまでは決して諦めないと誓い、市長や警察機構を告発し闘うクリスティンに、恐るべき報せが届く・・・。

クリスティン役のアンジェリーナ・ジョリーは、やみくもに誰かを責めたり、攻撃したりするようなことはしない。本作ではその情熱的な眼差しで「息子は必ず生きている」という揺るぎない信念を、強く表現している。その母親の愛情の強さが、観る者に深い感動を与えている。

本作の映像は、くすんだ灰青色を基調としており、暴力と腐敗にまみれた、当時のロサンゼルスの空気が伝わってくるようであった。特に、精神病院での閉塞感、事件現場となった養鶏場の荒涼とした雰囲気は秀逸である。

本作は、実在のウォルター・コリンズ失踪事件をもとにした、クリント・イーストウッド監督による実話の映画化である。主人公のクリスチャンは、精神病院での悪夢、警察の腐敗の糾弾、そして裁判といった過酷な運命を辿っていく。しかし、最近のイーストウッドの映画と同様、本作でも監督の視点には揺るぎがなく、観客に過去に起こった事実を突きつけてくる。それは、あたかも「あなたがクリスティンの立場だったら、どうしますか?」と、問いかけられているように私には感じた。

公園で子供たちだけで遊ばせることができず、通学には防犯ベルを持たせることが当然となってしまった現在の日本。このような日本にしてしまった責任は、私たち1人ひとりにあるのではないだろうか。
隣近所の苗字や、子供の名前を知っているだろうか?家族構成を知っている家が、何軒あるだろうか?
他人への無関心、人と人とのコミュニケーション不足が、現在の日本の状況の原因の根底にあると思う。私は、近所の人との挨拶、自治会の活動や学校行事への参加といった、自分が出来るちょっとした行動を通じて、少しでもそういった状況を改善していきたいと、本作を観て感じた。

最後に、今なお誘拐の被害者となり苦しんでおられる家族の方々に、一日も早く心の平安が訪れることを切に願い、本レビューを終わりたいと思う。
評価:★★★★
>>公式サイト
c0186202_121220.jpg
チェンジリング [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:18 | タ行