おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

南ボストン。ウィルは、マサチューセッツ工科大学で清掃員のバイトをしている。親友のチャッキーたちと、たびたび警察沙汰の事件を起こしたりするが、実は数学に異様な才能を見せる天才だった。ウィルはたまたま清掃中の廊下で見た黒板の数学問題を解いてしまう。彼の才能に気付いた数学教授のランボーはウィルのセラピストとして精神分析医のショーンを紹介する。最初の面談では、ショーンを逆に分析してみせ、彼を激怒させたウィルだったが、ショーンの真摯な態度に次第に心を開いていく。そして、ウィルの噂を聞きつけた企業や機関が、彼に接近してくる・・・。

不幸な少年時代のトラウマをかかえる青年と、最愛の妻を亡くしたことで心に深い傷を負った精神分析医との心の交流と新たな旅立ちを描いた感動作。
主演のマット・デイモンと共演のベン・アフレックは、デイモンが10歳、アフレックが8歳のときから、南ボストンで共に育った親友同士。アカデミー賞脚本賞に輝いた脚本は、デイモンがハーバード大学在学中に40ページまで書き進めたシナリオを、アフレックに見せたことから共作が始まる。彼らは、各シーンを演じながらストーリーやキャラクターをふくらませていき、2年がかりで脚本を書き上げた。

マット・デイモンは、恵まれない過去と恵まれすぎる頭脳を持ったがゆえに、孤独にさいなまれるウィルをナイーブに演じている。
本作でアカデミー賞助演男優賞を受賞したロビン・ウィリアムズは、ウィルに人生を諭しながら、自らも新しい旅立ちへ促されていくショーンを演じる。「知識」と「体験」は違うというセリフが身にしみた。
ベン・アフレックは「お前は宝クジの当たり券を持っていながら、それを尻に敷いたままでいる気か?」と言い放つ親友のチャッキーを演じる。この熱い友情を見せるシーンの演技が素晴らしい。
ミニー・ドライヴァーは、ウィルと恋に落ちるハーバードの女子大生スカイラーを、知性と包容力に溢れたキャラクターで瑞々しく演じている。
ステラン・スカルスガルドは、ウィルを発見し、やがて彼の圧倒的な頭脳を前に脆くも動揺するランボーを演じている。
ガス・ヴァン・サント監督は、見事な脚本と俳優陣の熱演を尊重し、過剰な演出を控えた正攻法の作品に仕上げている。

この映画は、心に負った傷を癒すのは、容易ではないということを教えてくれる。
「いじめ」や「虐待」、「DV」などを行なう「心の弱い人」と、心に傷を負った「これから人生に立ち向かっていく人」にぜひ見てもらいたい作品。
1998年度 キネマ旬報ベストテン 第7位。
評価:★★★★★
c0186202_22484846.jpg
グッド・ウィル・ハンティング(実際のDVDと、上記の画像とは異なる場合があります。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-04-25 00:04 | カ行