おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ラヴソング

1986年3月1日。天津から香港にやってきたシウクワンの夢は、天津に残してきた恋人のシャオティンを香港に呼んで結婚することだ。ある日、生まれて初めてマクドナルドに行ったシウクワンは、店員のレイキウと出会う。英語を話すことができないシウクワンに、仕事のプラスになると英会話学校を紹介するレイキウ。やがて2人はテレサ・テンのカセットを売る露店を構える。しかし大陸出身者だと知られたくない人々は、誰もカセットを買わない。意気消沈した彼女は、自分が広州出身であることを告白する。だがそれがきっかけで、2人の友情は恋愛へと変わるのだった。しかし、些細な言い争いがもとで、2人は喧嘩別れしてしまう。
3年の歳月を経て、全く違う立場になった2人が再会する。ある偶然が、抑えていた想いを再燃させ、変わらぬ愛を確かめる2人。もう一度やり直そうとするのも束の間、運命のいたずらで再び離れ離れになってしまう。
そして、5年後のニューヨークで・・・。

大陸、香港、ニューヨーク。10年にわたる一組の男女の恋愛模様を描き、1997年度の香港電影金像奨の作品賞、監督賞、音楽賞など、史上初の主要9部門を独占したラブ・ストーリーの傑作。
レオン・ライは、自身の北京出身で香港に移住したという生い立ちともクロスするシウクワン役を、彼本来の柔らかい魅力を光らせながら好演している。
マギー・チャンは、そのキャリアに裏付けられた抜群の存在感でレイキウ役を演じ、香港電影金像奨の主演女優賞を受賞している。
エリック・ツァンは、レイキウを愛する無骨なパウ役を演じ、香港電影金像奨の助演男優賞を受賞している。この人の演技は本当にうまい!
また、「2046」「HERO」「花様年華」などのカメラマンとして知られるクリストファー・ドイルが、酔いどれの英会話学校の教師役を演じている。

90年代、よりよい生活を求めて、中国本土から香港へ、そして返還前に欧米へ。移民を続ける人々の感情の機微と、ラブ・ストーリーを見事に融合させた脚本は見事である。
そこに、世代を超えて愛されるテレサ・テンの名曲がストーリーの随所にちりばめられ、2人の移り変わる感情を優しく見守っている。それが例え、ニューヨークであってもである・・・。
ラストのオチの、1986年の香港の駅に着いたシウクワンのエピソードも絶妙である。
私がもっとも大好きな香港映画は「君さえいれば/金枝玉葉」だが、ラブ・ストーリーの傑作はと聞かれれば、この作品と答えるだろう。
ピーター・チャン監督作品。
評価:★★★★★
c0186202_22261352.jpg
ラヴソング [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-05 00:03 | ラ行