おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バーン・アフター・リーディング

ある日、ワシントンのフィットネスセンターで、CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMが見つかる。従業員のチャドとリンダは、一獲千金を狙い、持ち主の元CIA局員オズボーンを脅迫する。一方、オズボーンの妻ケイティは、財務省連邦保安官ハリーと不倫中で・・・。

コーエン兄弟が、豪華キャストを迎えて描いたクライム・コメディ。
ジョージ・クルーニーが、出会い系サイトにハマり、重複不倫中のハリー役を、おバカに演じている。
フランシス・マクドーマンドが、全身整形願望で頭がいっぱいなリンダ役を、おバカに演じている。
ジョン・マルコビッチが、アル中を理由にCIAをクビにされたオズボーン役を、おバカに演じている。
ブラッド・ピットが、iPod中毒の単細胞なトレーナー、チャド役を、かなりおバカに演じている。
リチャード・ジェンキンスが、リンダを密かに想う上司のテッド役を、唯一常識的に演じていたが、最後におバカなことをしてしまう。
以上の5人については、それぞれの俳優の出演を想定して、コーエン兄弟が脚本を書いたという。
ティルダ・スウィントンは、オズボーンの妻にして、ハリーと不倫中のケイティ役を、常にイライラしながら演じている。

かなりおバカな映画で、鑑賞後には特に何も残らない作品。
エンドクレジッドで流れる、ファグスの「CIAマン」という曲も、おバカで最高だった!!
それにしても、こんなおバカな人々を演じることに、出演者たちは即決したというのだから、ハリウッドにおけるコーエン兄弟の人気は大したものである。
かくいう私も、「ミラーズ・クロッシング」でコーエン兄弟にハマって以来、何度か期待を裏切られることがあっても、ついつい映画館に足を運んでしまう、おバカな観客なのだが。
評価:★★★★★
>>公式サイト
c0186202_1172451.jpg
バーン・アフター・リーディング (ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー 出演) [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-13 00:11 | ハ行