おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ウォーロード/男たちの誓い

19世紀後半の清代末期、太平天国の乱が勃発。自分の部隊を全滅に追いやられた清朝軍の将軍パンは、失意の中で荒野を彷徨う。そんな時、運命の女リィエンと出会い、一夜を共にする。翌朝、盗賊団のリーダー、アルフとウーヤンに出会い、盗賊団の過酷な生活を目の当たりにする。動乱の時代を生き抜くには朝廷側に従軍することが最善と訴えるパン。運命を共にする証として、3人は義兄弟の契り「投名状」を結ぶのだった・・・。

太平天国の乱での実話を基に、男たちの友情と裏切りをダイナミックに描き、2008年度の香港電影金像奨の作品賞、監督賞など、主要8部門を受賞した歴史アクション・ドラマ。
ジェット・リーが、夢と野心に溢れる将軍パン役を演じ、香港電影金像奨の主演男優賞を受賞した。派手なアクションシーンを控え目に、憂いのある将軍役を熱演している。
アンディー・ラウが、仲間を愛する生まれながらのリーダー、アルフ役を演じている。
金城武が、忠誠心溢れる純粋な男ウーヤン役で、最後まで「投名状の契り」を守る重要なキーマンを演じている。パンとアルフの間で苦悩する、深みのある演技が印象に残った。
シュー・ジンレイが、パンとアルフを同時に愛する運命の女リィエンを演じている。
アクション監督のチン・シウトンの演出は、ワイヤー・アクションなどは封印して、あくまでもリアルな戦争を描いており、登場人物たちの人間ドラマをより盛り上げている。

恋愛映画の達人、ピーター・チャン監督の作品だけに、3人の個性豊かなキャラクターが見事に描かれている。ただし、2人の男を惑わすことになるリィエンには、全く感情移入できなかった。いまいち、このキャラクターの描きこみが不足していたように思う。
全体の感想としては、「投名状の契り」に運命を翻弄される3人の物語と思いきや、実は朝廷の3大臣の掌の上で3人が踊らされていただけだったことがわかると、鑑賞後は寂しい気持ちになった。

あと、映画のストーリーとは関係ないが、
「なぜ、2007年製作の本作が、レッドクリフが大ヒット中のこのタイミングで公開されたのか?」
「なぜ、エンディングテーマを、日本公開版だけTHE ALFEEにしたのか?」
の2点は疑問に感じた。配給会社には、それなりの「大人の事情」があったと思うが、「よい興行成績」につながったのだろうか?
評価:★★★★★
>>公式サイト
c0186202_718894.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-16 00:05 | ア行