おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

7月4日に生まれて

1946年7月4日、ロン・コヴィックは、アメリカの独立記念日に生をうける。高校生活も終わりに近づいたある日、ロンは学校にやってきた海兵隊の特務曹長の言葉に感銘を受ける。
1964年9月、ロンは海兵隊への入隊のため故郷をあとにした。そして、13週間の訓練を終えると、ベトナム戦争の真っ只中に身を投じるのであった。
1968年1月、戦争の行方は一段と混迷を深め、ロンも遂に敵の銃弾に倒れ、下半身不随の重傷を負ってしまう・・・。

原作者ロン・コヴィックの実話小説をもとに、オリヴァー・ストーン監督がベトナム後遺症問題を描いた作品。
ロン役のトム・クルーズが、肉体的にも精神的にも大きな傷を負った、ベトナム帰還兵を熱演している。
また、ストーン監督の「プラトーン」に出演していたトム・べレンジャーとウィレム・デフォーが、それぞれ重要な役で出演している。

ストーン監督によれば、このロン役をトム・クルーズの方から切望してきたという。ハリウッドのスター俳優の起用は、普段このような映画を観ない若者が、劇場に足を運ぶきっかけになったであろう。
トム・クルーズの映画は、どんな役柄を演じていても、主役がハリウッド・スター「トム・クルーズ」になってしまうのだが、この映画は数少ない例外の1本である。ベトナムから故郷への帰還後の演技には、鬼気迫るものがあり、忘れがたい強烈な印象を残す。
評価:★★★★★
c0186202_2114528.jpg
7月4日に生まれて [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-20 00:04 | サ行