おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

海を飛ぶ夢

1968年、25歳の夏。ラモンは岩場から引き潮の海へダイブした際に、頭部を強打し首から下が完全に麻痺してしまう。以来、家族に支えられながら、ベッドの上で余生を過ごすラモンにできることは、窓から外へ飛び立つイメージを持つことと、詩を書くことだけ。それから20数年後、ラモンは自らの人生に終止符を打つべく、弁護士のフリアと対面する。また一方、彼のドキュメンタリーを見たという村の女ロサが、彼に尊厳死を思いとどまらせようと訪ねてくるのだった・・・。

尊厳死を望んだ実在の人物ラモン・サンペドロの手記をもとに、生とは何かを描くヒューマン・ドラマ。
ラモン役のハビエル・バルデムの演技が素晴らしい。撮影当時30代のバルデムが、実年齢よりもかなり年上の、知的で聡明な四肢麻痺の男を熱演している。
義姉マヌエラ役のマベル・リベラの、献身的に介護する姿も印象的である。

家族や周りの女性達に愛されるラモンが、それでも選ぶ「死」という選択。
「天寿を全うする」ことと、「人間が生を全うする」ことの違いについて、あらためて考えさせられた。私はいかなる状況にあっても「天寿を全うすべき」という考えを持っているが、果たしてラモンの立場でも同じことが言えるだろうか・・・。
「潜水服は蝶の夢を見る」と併せて鑑賞すると、「生きる」ということについて、一層考えさせられる。
アレハンドロ・アメナーバル監督作品。
2005年度 キネマ旬報ベストテン 第5位。
評価:★★★★
c0186202_043323.jpg
海を飛ぶ夢 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-03-31 00:01 | ア行