おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

天使と悪魔

大ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。
ハーヴァード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、ヴァチカンから思いがけない協力要請を受ける。秘密結社イルミナティが、ヴァチカンを窮地に陥れているというのだ。17世紀、ヴァチカンの科学者への弾圧の陰で、ガリレオを中心に結成されたイルミナティは、400年前に消滅したものと思われていた。しかし彼らは、コンクラーベ(教皇選挙)に乗じて復活を果たしたのだ。最有力候補の枢機卿4人を誘拐し、1時間ごとに殺害すると予告。その上ヴァチカン全体を爆破するため、スイスのCERN(欧州原子核研究機構)から、恐るべき破壊力を秘めた「反物質」を盗み出していた。CERNの科学者ヴィットリア・ヴェトラと協力して、ラングドンは事件解決に乗り出すが・・・。

ダン・ブラウンのベストセラー小説を、再びロン・ハワード監督が映画化した超大作ミステリー。
ラングドン役のトム・ハンクスが、前作以上に時間と戦いながらローマ中を縦横無尽に走り回っている。
ヴィットリア役のアイェレット・ゾラーが、ラングドンのよきサポート役に徹しており、好感が持てた。前作は、ラングドンとソフィー役のオドレイ・トトゥとのうんちく合戦で、観ていて疲れてしまった。
カメルレンゴ役のユアン・マクレガー、スイス衛兵隊隊長リヒター役のステラン・スカルスガルド、さらにシュトラウス枢機卿役のアーミン・ミューラー=スタールのいずれもが「悪役顔」で、「こいつが真犯人やろう」と思って鑑賞していたが、私の予想は外れてしまった。キャスティングの勝利である。

「宗教と科学の対立」という深いテーマが本作の鍵のはずだったが、そのテーマにはあまり触れられることなく、スリルとサスペンスが中心で、単純に手に汗握る展開は、娯楽作として前作以上に楽しめた。
事件のほとんどが、ローマという限られたエリア内で起こるという設定も、本作が前作よりわかりやすくなっている理由ではなかろうか。
それにしても、「ラングドンがずっと走っていたなぁ」というのが正直な感想である。

ちなみに、メインテーマの「宗教と科学の対立」についてであるが、ローマ・カトリック教会が、ガリレオの地動説有罪の誤りを認めたのが1992年、ダーウィンの進化論の一部を認めたのが1996年だというのだから、宗教とは奥が深い・・・。
評価:★★★★★
>>公式サイト
c0186202_1231769.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-03-01 00:13 | タ行