おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アルマゲドン

NASAはテキサス州に匹敵する大きさを持つアステロイド(小惑星)が時速35,000キロで地球に接近していることを発見する。このままでは地球が壊滅することは間違いない。衝突を回避するには軌道を変化させるしかないが、そのためには小惑星の240mの地中深くで核爆弾を爆発させる必要があった。NASA総指揮官トルーマンは、世界一の掘削のプロ、ハリー・スタンパーに小惑星上での掘削を依頼する。訓練を終えた彼と7人の仲間は、NASAの操縦士たちとともにスペースシャトルに乗り込んだ。残された時間は、わずか3日しかない・・・。

「ザ・ロック」に続く、ジェリー・ブラッカイマー製作、マイケル・ベイ監督のコンビによるSF映画の超大作。
ハリー役のブルース・ウィリスが、年頃の娘を持つヒーロー役を演じている。
ハリーの愛娘グレース役をリヴ・タイラーが、グレースと恋に落ちるハリーの部下A.J.フロスト役をベン・アフレックが演じている。
トルーマン役のビリー・ボブ・ソーントンが、冷静な指揮官役を演じている。
ハリーの同僚ロックハウンド役のスティーヴ・ブシェミは、本作でも怪演している。この人は何のために宇宙まで行ったんだろう?
そのほか、ピーター・ストーメア、マイケル・クラーク・ダンカン、ピーター・ストーメアら一流の俳優陣が脇を固めている。

無数の隕石群がニューヨークに降り注ぐオープニングから、ベイ監督の作品らしい派手なシーンが続く。
小惑星到着後もピンチの連続なのだが、同時期に公開された「ディープ・インパクト」に比べ、イマイチ本作には緊迫感がない。
それでも、ラストのハリーの男気あふれる決断と、エアロスミスのテーマソングに、いつの間にか感動させられてしまうのが、この映画の不思議な魅力である。
ちなみに、主題歌を歌ったエアロスミスのヴォーカル、スティーブン・タイラーは、リヴ・タイラーの実の父であり、「もう一つの父娘のドラマ」として公開当時話題になった。
評価:★★★★★
c0186202_2258174.jpg
アルマゲドン [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-02-17 00:03 | ア行