「ほっ」と。キャンペーン

おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カイロの紫のバラ

1930年代、ニュージャジー。熱心に映画館に通いつめるウェイトレスのセリシアに、ある日スクリーンの中から映画の主人公トム・バクスターが語りかけてくる。スクリーンを抜け出したトムは、セシリアを連れて劇場を後にする。映画の登場人物たちはあきれて物語の進行を中断。大慌ての興行者をよそに、2人は意気投合して恋を語り合う。そこへ、主人公を演じた本物のギル・ジェルバートが現れて、事態はますます混乱を極めていく・・・。

映画を愛する者なら誰もが一度は夢見る、ウディ・アレン監督によるファンタジックなラブ・ロマンス。
セリシア役をミア・ファローが演じている。
トム役とギル役の1人2役をジェフ・ダニエルズが、器用に演じ分けている。

映画を愛する、全ての人のために作られた作品。
セリシアは、映画を観ることで現実を逃避しているのかもしれない。
でも現実を逃避できるから、人は生きていけるのであって、それが私にとって映画だったことは、とても幸せなことだと最近しみじみ感じる。素晴らしい映画との出会いを求める旅は、止められそうにない。
1986年度 キネマ旬報ベストテン 第2位。
評価:★★★★★
c0186202_21115829.jpg
カイロの紫のバラ [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-25 00:07 | カ行