おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

サイダーハウス・ルール

c0186202_041354.jpgメイン州ニューイングランド。孤児院で生まれ育ったホーマーは、親代わりのラーチ院長の助産と当時は禁止されていた堕胎の仕事を手伝っていた。ある日ホーマーは、手術に訪れた女性キャンディとその恋人の軍人ウォリーを見て、外の世界へと出て行くことを決意する。彼はウォリーの家のリンゴ園で働き、収穫人たちと一緒に宿舎サイダーハウスで暮らし始める。収穫作業のボス、ミスター・ローズは様々なルールをホーマーに教えた。やがて、ウォリーは再び戦地へ戻っていく。キャンディは寂しさから、純粋なホーマーに好意を抱き、ホーマーもまた初めての恋をするのだった。こうして1年が過ぎ、カリフォルニアに移動していたミスター・ローズらも戻ってくるが、彼の娘ローズ・ローズは妊娠していた。そして、ウォリーが戦地で負傷して帰還するという知らせが入る。かくしてホーマーは、人生において重大な決断を迫られるのだった・・・。

ジョン・アービング原作の孤児院生まれの青年が、様々な経験を通じ成長してゆく姿を、ラッセ・ハルストレムが監督した感動作。
ホーマー役をトビー・マグワイアが、キャンディ役をシャーリーズ・セロンが演じる。
ラーチ院長役のマイケル・ケインは、本作でアカデミー賞助演男優賞を受賞している。孤児院の子供たちや、自分の元を去っていったホーマーへの愛情溢れる演技が素晴らしい。

ホーマーは、孤児院のルール、サイダーハウスのルール、社会のルールを知り、「ルールを守る」ことよりも大切な「本当に人の役に立つ」ことの大切さを学ぶ。そして彼は、「自分には何ができて、どこで、何をするべきか」ということに、気付くのであった。
彼のように、「自分の人生の目標や居場所」を若いうちに見つけることができた人は幸せである。
「私には愛する、守るべき家族がいる」という幸せを、あらためて感じさせてくれた作品。
評価:★★★★
サイダーハウス・ルール [DVD]
c0186202_0272941.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-28 00:03 | サ行