おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

セントアンナの奇跡

1983年、ニューヨーク。ある日、定年間近の郵便局員が、切手を買いに来た男を、突然射殺する事件が発生。彼の部屋からは、行方不明になっていた歴史的に重要なイタリアの彫像が発見される。2人の間に何があったのか?謎を解く鍵は、1944年のトスカーナにあった。
第二次世界大戦下のイタリア。アメリカの黒人部隊「バッファロー・ソルジャー」が、最前線でナチスと戦っていた。そのさなか、リーダーのスタンプス、いつも自分勝手なビショップ、無線兵でイタリア語が堪能なヘクター、心優しいトレインの4人は、アンジェロという1人の少年を救ったために敵陣で孤立してしまう。アンジェロの手当てのため、4人はトスカーナの小さな村へ身を寄せる。まさか、言葉も通じない土地で、人種の壁を超え、村人達と強い絆で結ばれるとは知らずに。そして、その絆が、彼らの運命を大きく変えるとは思いもせずに・・・。

スパイク・リー監督がイタリアでの史実をヒントに綴られた同名小説を映画化した戦争ドラマ。
4人の若き黒人兵を、スタンプス役のデレク・ルーク、ビショップ役のマイケル・イーリー、ヘクター役のラズ・アロンソ、トレイン役のオマー・ベンソン・ミラーが、それぞれ好演している。
アンジェロ少年役のマッテオ・シャボルディは、本作がデビュー作。5000人の中から選ばれた彼が、物語の鍵を握る少年を演じる。
4人が訪れる村の老人ルドヴィコ役を、イタリアの名優オメロ・アントヌッティが演じている。

オープニングでのバッファロー・ソルジャーとナチスとの激しい戦闘シーン、セントアンナでのナチスによる民間人の大虐殺のシーンは強烈な印象を残す。
しかし、それ以上に印象的だったのは、黒人部隊を指揮する無能な白人の上官と、黒人兵たちを温かく迎え入れる白人のイタリア村民との対比である。4人の黒人兵たちが、自分の国ではなく、他国で初めて人間らしく扱われるという描写は、リー監督が一貫して描いてきた黒人としての視点を強く感じた。

そして、もう一つの視点として感じたのは、「人の命」に対する描写である。戦時中、自軍の兵士の命を軽く扱うアメリカ軍の上官もいれば、敵の命を救うナチスの兵士もいるということに、いかなる状況下においても、「人は人間性を失ってはいけない」という、リー監督の強いメッセージを感じた。

人が人間性を失わなかった結果、ラストで訪れる「美しい奇跡」には、感動せずにいられなかった。
評価:★★★★
>>公式サイト
c0186202_23361795.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-08-03 00:06 | サ行