おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー

2009年 05月 22日 ( 2 )

マロリーとその恋人のミッキーは、マロリーに幼い頃から性的虐待を加えてきた父親と、それを見て見ぬふりをしてきた母親を殺し、ルート666をひた走る。ゲームのように殺人を重ねる彼らは、いつしかマスコミによってヒーローに仕立てられていた。2人を捕らえ自分の名を売りたい刑事、独占インタビューを目論むTVキャスターたちが彼らを追うのだった・・・。

52人殺害の連続殺人鬼ミッキー&マロリー・ノックスの凶行と、彼らを取り巻くメディア社会の狂気を描いた問題作。
ミッキー役のウディ・ハレルソンと、マロリー役のジュリエット・ルイスが、殺人を繰り返す2人を演じている。ルイスは、本作のような奔放な役を演じると、見事にハマった演技を見せてくれる。
ゲール役のロバート・ダウニー・Jrが彼らを執拗に追うTVキャスターを演じている。特に物語後半のキレた演技は印象的である。
それ以外には、キャグネッティ役のトム・サイズモアが2人を逮捕して自分の名を売りたい暴力刑事を、マクラスキー役のトミー・リー・ジョーンズがサディスティックな刑務所長を、それぞれ演じている。

クエンティン・タランティーノによる原案をオリヴァー・ストーンが脚本・監督した作品。(しかし、タランティーノ自身は、ストーン監督の演出した本作をあまり気に入っていないらしい。)
1990年代のアメリカの犯罪状況と、それを執拗に報道するメディアを風刺的に描きつつ、普通のフィルム映像から、TV映像、モノクロのホームムービー、アニメーション、実際のニュース映像などの断片的な映像により、観客たちをMTVのようなポップな映像体験へと誘っている。
監督の深ーい(?)メッセージ性を感じることなく、ただ不快感だけを感じた観客も多かったのでは、という感想を持った作品。
評価:★★★★★
c0186202_19335521.jpg
ナチュラル・ボーン・キラーズ 特別版 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-22 00:07 | ナ行

JFK

1963年11月22日、テキサス州ダラスで、第35代大統領ジョン・F・ケネディが暗殺される。暗殺後2時間も経たないうちに、警官殺しの容疑で逮捕されたリー・ハーヴィー・オズワルドが大統領暗殺の犯人と発表され、さらにオズワルド自身がダラス警察本部の駐車場で、ナイトクラブ経営者ジャック・ルビーにより射殺される。ジョンソン大統領が、事件を調査すべく設置したウォーレン委員会の出した結論は、オズワルドの単独犯行というものであった。
そして3年後、ニューオリンズの地方検事ジム・ギャリソンは、オズワルドの不可解な死に疑問を抱き、暗殺事件の秘密調査を始める。真の犯人は誰なのか?そしてその動機は?ギャリソンは炎のような執念で事件の核心に迫っていく・・・。

いまだその真相が明らかにされていないケネディ大統領暗殺事件。その謎に、オリヴァー・ストーン監督が地方検事ジム・ギャリソンの著書をもとに挑んだ問題作。
ギャリソン役のケヴィン・コスナーが、真相究明に挑む検事役を、その清廉なイメージで熱演している。
シシー・スペイセク、ジョー・ペシ、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、ジャック・レモン、ウォルター・マッソー、ドナルド・サザーランド、ケヴィン・ベーコン、ジョン・キャンディといった一流のキャストたちが、共演者としてストーリーを盛り上げている。

3時間を超える大作を、大量のドキュメンタリー・フィルムを織り交ぜながら、観客を最後まで飽きさせないストーン監督の手腕は見事である。
全ての真相が明らかになるのは、非公開の極秘文書が公開される2039年まで待たなければならない。
なお、この映画に興味を持たれた方には、落合信彦著「2039年の真実」をおすすめする。
1992年度 キネマ旬報ベストテン 第9位。
評価:★★★★★
c0186202_23574938.jpg
ディレクターズカット JFK 特別編集版 [DVD]


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-22 00:06 | サ行