おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー

2009年 07月 06日 ( 1 )

ブロードウェイと銃弾

c0186202_105913.jpgデビッドはブロードウェイでの成功を夢見る新進劇作家。新作の上演が決まったものの、暗黒街の顔役ニックの情婦で演技力ゼロのオリーブを配役に加えるという条件がついた。主演に元大女優のヘレン、相手役に異常食欲のワーナーが決まり、稽古が始まる。オリーブには口うるさいボディ・ガードのチーチが付いてきた。やがて、デビットはわがままで酒好きのヘレンに魅了され始め、2人の気持ちは盛り上がっていく。そんなある日、チーチが演出に口を挟む。デビッドは、皆がチーチの意見に賛成するのに激怒しながらも、彼の素晴らしいアイデアに頼り始めるようになる。かくして2人の共同脚本で進行していくことになる。ワーナーはプレッシャーから日ごとに太っていくし、オリーブは一向にセリフを覚えられない。そして、アーティスト精神が高揚したチーチにいたってはオリーブを殺してしまう。一体、プロードウェイの初日は無事迎えられるのだろうか・・・。

ひとつの芝居をめぐって織り成される様々な人間の喜怒哀楽を、ウディ・アレン監督が描いた作品。
デビッド役をジョン・キューザック、オリーブ役をジェニファー・ティリー、チーチ役をチャズ・パルミンテリが演じている。
ヘレン役のダイアン・ウィーストは、本作の演技でアカデミー賞助演女優賞を受賞している。個人的には「バックマン家の人々」での演技以来、お気に入りのダイアン・ウィーストが、本作のお茶目な女優役でアカデミー賞を受賞したことが嬉しかった。

自身でブロードウェイに芝居をかけた経験を持ち、ブロードウェイの裏の部分を知り尽くしているアレン監督だけに、思わずニンマリできる愉快なエピソードが散りばめられている。
とはいえ、アレン監督が出演していない作品だけに、監督独特のアクの強さが弱められ、誰もが楽しめるウェルメイドなコメディに仕上がっている。
1995年度 キネマ旬報ベストテン 第7位。
評価:★★★★★
ブロードウェイと銃弾 [DVD]
c0186202_1161741.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-06 00:14 | ハ行