おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:タ行( 47 )

つきせぬ想い

c0186202_12194815.jpg作曲家のキットは商業主義と相容れず、長年の同棲相手で人気歌手トレーシーの成功を尻目に、鬱屈した日々を送っていた。ある日、些細なことから彼女と口論になり、家を出てしまう。安アパートを借りた彼は、元歌手の母の一座のもとで唄を歌う少女ミンと出会う。明るくか快活なミンに惹かれていくキットだったが、彼女はいつ再発するかわからないガンを持病に持っていた・・・。

不治の病に冒され余命いくばくもない少女と、売れない青年作曲家のラブ・ストーリーを描き、1994年度の香港電影金像奨の作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞の主要6部門を独占した名作。
ミン役のアニタ・ユンのみずみずしい演技が、とにかく素晴らしい。前半の彼女の明るい演技は、後半の展開が予想されるだけに、胸に迫るものがある。
ちなみに本作で人気沸騰した彼女は、翌1994年には15本もの作品に出演している。
イー・トンシン監督作品。
評価:★★★★★
つきせぬ想い [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-03 00:01 | タ行

トレインスポッティング

c0186202_13473672.jpgスコットランド、エディンバラ。頭が切れて、面白く、病的で、時に無気力な若者、マーク・レントンと彼の仲間たちはヘロイン中毒である。ベグビーはアル中の上に喧嘩中毒。キレると厄介だがドラッグはやらない。シック・ボーイは女たらしで「007」おたくの「ビョーキ野郎」。スパッドは気のいいヘロイン中毒者。レントンがクラブで一目惚れして一夜を過ごしたダイアンは中学生だった。レントンは何度目かのドラッグ断ちの後に、ロンドンで仕事を見つけるが、仲間たちのせいで結局クビになる。そんな時、売人から大量のドラッグをロンドンで売りさばく仕事を持ちかけられて・・・。

友情と裏切り、人生の選択といった普遍的なテーマをクールなユーモアとスタイリッシュな映像で描いている。
「トレインスポッティング」とは、いつもはボーッとしていても、やってきたチャンスは逃さず喰らいつくという意味である。元々は電車おたくの意味で、原作者は、来るあてのない電車を待ち、彷徨っている人々の様子を、ヘロイン中毒者の暗喩として使っている。
誰よりもスマートで、まさに「トレインスポッティング」な奴、レントンを演じたユアン・マクレガーは役作りのために減量し、ドラッグ中毒についてもかなり研究したとのこと。本作での主演で、一躍時代の寵児となり、この後ハリウッドへも進出していく。
レントンの凶暴な友人ベグビーを演じた、ロバート・カーライルの存在感ある怪演も印象的である。

便器の中に吸い込まれるシーンや禁断症状による幻覚などのシュールな映像。個性的なキャラクターひとりひとりを際立たせる演出。疾走感・躍動感を更に加速させる音楽。そして、観る者に爽快な高揚感を与えるエンディング。
ダニー・ボイルの監督2作目は、過去の青春映画のイメージを突き破る、まさに90年代最高の「陽気で悲惨な青春映画」である。
評価:★★★★
トレインスポッティング【廉価2500円版】 [DVD]
c0186202_13475660.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-04-24 00:02 | タ行

デッドゾーン

教師のジョニーは、恋人サラとのデートの帰宅途中、交通事故に遭い昏睡状態に陥る。5年後、目を覚ましたジョニーは、サラが他の男と結婚したことを知り、深く絶望する。だが目覚めたジョニーには、手に触れた者の未来と過去を見通す超能力が身についていたのだった。ある日、家庭教師で教えている少年が「アイスホッケーの試合中に氷が割れて溺死する」ビジョンを見る。少年の溺死を未然に防いだジョニーは、自分には未来を知るだけでなく、変える能力もあることを悟るのだった。やがてジョニーは、上院議員候補スティルソンの恐るべきビジョンを目の当たりにする・・・。

ジョニー役のクリストファー・ウォーケンが、特殊な能力を持つが故に社会から疎外され、やがて悲劇的な運命を迎える男を、儚げな瞳と憂いのある表情で見事に演じている。
ベストセラー作家であるスティーブン・キング原作の本作。超能力者の孤独な戦いと悲劇を描いたサスペンス・スリラーであるとともに、ラブ・ストーリーとしても傑作である。
社会のアウトサイダーとなった者の悲哀を描いてきたデヴィッド・クローネンバーグ監督の作品の中でも比較的オーソドックスな内容であり、ぜひ多くの人に観ていただきたい作品である。
評価:★★★★
c0186202_032293.jpg
デッドゾーン デラックス版 [DVD](実際のDVDと、上記の画像とは異なる場合があります。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-03-15 00:02 | タ行

大閲兵

1984年10月1日の建国35周年記念の国慶節閲兵式に向け、厳しい行進訓練に励む若い兵士の姿を描いた作品。天安門前広場のわずか96歩、1分にも満たない行進のため、夏の炎天下の1万歩の訓練など、半年間にわたり来る日も来る日も歩き続ける兵士たちと教官。そのひたむきさと空しさを、空輸部隊の6人に焦点を当てて、描いている。

厳しい訓練に打ち込む姿を描いた映像には、有無を言わせぬパワーがある。中国国内では修正が加えられ上映まで2年の歳月を要した作品。
チェン・カイコー監督作品。
評価:★★★★★
(残念ながら、DVDでの発売はありません。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-03-05 00:02 | タ行

ダイ・ハード4.0

ダイ・ハード・シリーズの第4弾。
独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部内の全米のインフラを監視するシステムに、何者かがハッキングを仕掛けてきた。ブラックリストに載るハッカー達への一斉捜査が開始され、ニュージャージーに住む娘に会いに来ていたマクレーンにも、同州のマットというハッカーの確保が命じられる。マットのアパートを訪ねたマクレーンは、いきなり謎の一味から襲撃を受ける。マットは、元国防総省のプログラマーのガブリエルからサイバー・テロのプログラム開発の一部を請け負っており、その口封じのために命を狙われたのだった。やがて夜が明け、街では異常な交通渋滞が発生していた。全米の都市機能の壊滅を狙うテロ組織が動き出し、インフラ・システムに対するサイバー攻撃が始まっていたのだ。マクレーンは再び、マットの協力のもと事件解決へと乗り出すのだった・・・。
F-35戦闘機とのアクションシーンなど、マクレーンがスーパーマン化している感はあるが、マイ役のマギー・Qとの格闘シーンなどは新鮮で楽しめる。
レン・ワイズマン監督作品。
評価:★★★★★
c0186202_10524183.jpg
ダイ・ハード4.0 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-03-04 00:01 | タ行

天使と悪魔

大ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。
ハーヴァード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、ヴァチカンから思いがけない協力要請を受ける。秘密結社イルミナティが、ヴァチカンを窮地に陥れているというのだ。17世紀、ヴァチカンの科学者への弾圧の陰で、ガリレオを中心に結成されたイルミナティは、400年前に消滅したものと思われていた。しかし彼らは、コンクラーベ(教皇選挙)に乗じて復活を果たしたのだ。最有力候補の枢機卿4人を誘拐し、1時間ごとに殺害すると予告。その上ヴァチカン全体を爆破するため、スイスのCERN(欧州原子核研究機構)から、恐るべき破壊力を秘めた「反物質」を盗み出していた。CERNの科学者ヴィットリア・ヴェトラと協力して、ラングドンは事件解決に乗り出すが・・・。

ダン・ブラウンのベストセラー小説を、再びロン・ハワード監督が映画化した超大作ミステリー。
ラングドン役のトム・ハンクスが、前作以上に時間と戦いながらローマ中を縦横無尽に走り回っている。
ヴィットリア役のアイェレット・ゾラーが、ラングドンのよきサポート役に徹しており、好感が持てた。前作は、ラングドンとソフィー役のオドレイ・トトゥとのうんちく合戦で、観ていて疲れてしまった。
カメルレンゴ役のユアン・マクレガー、スイス衛兵隊隊長リヒター役のステラン・スカルスガルド、さらにシュトラウス枢機卿役のアーミン・ミューラー=スタールのいずれもが「悪役顔」で、「こいつが真犯人やろう」と思って鑑賞していたが、私の予想は外れてしまった。キャスティングの勝利である。

「宗教と科学の対立」という深いテーマが本作の鍵のはずだったが、そのテーマにはあまり触れられることなく、スリルとサスペンスが中心で、単純に手に汗握る展開は、娯楽作として前作以上に楽しめた。
事件のほとんどが、ローマという限られたエリア内で起こるという設定も、本作が前作よりわかりやすくなっている理由ではなかろうか。
それにしても、「ラングドンがずっと走っていたなぁ」というのが正直な感想である。

ちなみに、メインテーマの「宗教と科学の対立」についてであるが、ローマ・カトリック教会が、ガリレオの地動説有罪の誤りを認めたのが1992年、ダーウィンの進化論の一部を認めたのが1996年だというのだから、宗教とは奥が深い・・・。
評価:★★★★★
>>公式サイト
c0186202_1231769.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-03-01 00:13 | タ行

ダ・ヴィンチ・コード

ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺される。遺体の周りには不可解な暗号が残されていた。パリに滞在していたハーヴァード大学教授ロバート・ラングドンはフランス司法警察のべズ・ファーシュ警部に捜査協力を求められる。早速暗号の解読を始めるラングドンだったが、そこへ暗号解読官のソフィー・ヌヴーが現われる。彼をトイレへと呼び出したソフィーは、現場にソニエールと会う約束をしていたラングドンの名前が残されており、彼が第一容疑者であることを伝える。彼が無実だと信じるソフィーは、事件解決のため2人で現場を逃亡するのだった・・・。

ダン・ブラウンのベストセラー小説を、ロン・ハワード監督が映画化した超大作ミステリー。
ラングドン役のトム・ハンクスと、ソフィー役のオドレイ・トトゥが、殺人事件の真相究明に奔走する2人を演じている。
名画に隠された謎解きの過程は面白いが、それぞれのキャラクターの描きこみが不足しており、登場人物に感情移入しにくい。原作に大変ボリュームがあり、映画化した場合にはやむを得ないのかもしれないが1本の映画作品としては少し残念な気がする。
評価:★★★★★
c0186202_8271142.jpg
THE DA VINCI CODE

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-03-01 00:12 | タ行

ダンシング・ヒーロー

c0186202_3441089.jpg社交ダンスの若きチャンピオン、スコットは、ダンス協会の規定を無視して、大会で規定以外のステップに挑み、優勝をライバルに譲ってしまう。パートナーのリズも去って行き、汎太平洋グランプリ優勝の夢は危機を迎える。そんなある日、ダンススタジオでは目立たない「醜いアヒルの子」フランと出会う。まだ初心者だが、特訓により目ざましい上達をしていくフラン。スペイン系のフランの家族と知り合ったスコットは、彼女の父親と祖母からラテンダンスの教えを受ける。特訓を重ね自信を深める2人は、いつしか互いに強く惹かれあっていく。しかし、あくまでも保守的なダンス協会長のバリーは、大会前日、スコットに彼の父を使った卑劣な罠を仕掛けてくる・・・。

バズ・ラーマン監督のデビュー作である本作は、感動と笑い溢れる青春ダンス映画。
スコット役のポール・マーキュリオは、9歳でダンサーとしてのトレーニングを始めた、オーストラリアでトップクラスのダンサーで、彼のしなやかなダンスシーンは見事。
フラン役のタラ・モーリスの冴えない登場シーンと、クライマックスでの美しいダンスシーンのギャップにも驚いてしまう。
脇役のキャラクターが、とても濃い。スコットの野心的な母親がダンス教室を経営していて、普段はダメダメの父親が、かつては一流のダンサーだったというお約束の設定も楽しい。
評価:★★★★★
ダンシング・ヒーロー [DVD]
c0186202_5262846.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。

★★★以下は、ネタバレです。★★★
[PR]
by movie4life | 2009-02-26 00:01 | タ行

蝶の舌

スペイン内戦の足音が聞こえる時代、少年が心優しい先生との出会いを通じて、自然の美しさを教わりながら、大人への階段を上っていく。
クライマックスで少年は、「本当に大人になるということ」の悲しさを知る。
ホセ・ルイス・クエルダ監督作品。
2001年度 キネマ旬報ベストテン 第7位。
評価:★★★★★
c0186202_13434043.jpg
蝶の舌 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-02-18 00:00 | タ行

トランスフォーマー

未知の惑星から、自動車、ヘリコプター、戦闘機など地球上のあらゆる機械に変身(トランスフォーム)できる金属生命体が襲来する。やがて、人型ロボットへと変形し、人類に対して侵略を開始する。そんな中、先祖の探検家が南極で発見した彼らの「秘密」を、そうとは知らずに保管していた高校生のサムは、初めて買った自分の車が巨大ロボットに変形することを知り・・・。

製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督マイケル・ベイという、ハリウッドを代表するヒットメーカーがタッグを組み、未知なる地球外生命体と人間との攻防を描いたSFアクショ ン超大作。
サム役のシャイア・ラブーフが、普通の高校生が、いきなり地球を救うキーマンとなり奔走する姿を熱演している。
秘密捜査官シモンズ役のジョン・タートゥーロも、彼らしい「いい味」を出した演技を見せてくれる。

自動車や戦闘機が、1カットでロボットに変形するCG画像は圧巻の一言。実写でのビルの破壊シーンとCGでのロボットたちの派手な戦闘シーンが合成された迫力の映像には言葉を失う。
しかしながら、登場人物1人ひとりの描きこみが不足しているうえ、ロボットたちの敵・味方の判別も、一見だけでは分かりにくい。
ストーリーや脚本を楽しむ映画ではなく、「すごいCGだなぁ」と映像を楽しむ映画というのが感想。
評価:★★★★★
c0186202_21132246.jpg
トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-02-17 00:05 | タ行