おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:アクション ( 103 ) タグの人気記事

トップガン

カリフォルニア州ミラマー海軍航空隊基地。若きパイロットのマーベリックとパートナーのグースの2人は、アメリカ海軍のトップ1パーセントのエリート・パイロット「トップガン」を養成する訓練学校に入校する。日々繰り返される厳しい訓練も、マーベリックはグースとの絶妙なコンビネーションで、次々と課題をクリアしていく。しかしライバルのアイスマンは、彼のハメをはずした操縦を批難し、無謀と忠告する。その一方で、マーベリックは新任の女性教官チャーリーと恋に落ちていく・・・。

F-14トムキャットのエリート・パイロットの養成学校を舞台に、ひとりの若者の青春、友情、希望、挫折、生と死そして高まる愛を、ダイナミックな飛行シーンとロックのリズムに乗せて描いた、トニー・スコット監督によるメガヒット映画。
マーベリック役のトム・クルーズは、この映画の大ヒットとともに、トップスターへの道を駆け上がる。
チャーリー役のケリー・マクギリスが、マーベリックと恋に落ちる魅惑の女性を、美しく演じている。
アイスマン役をヴァル・キルマー、グース役をアンソニー・エドワーズ、グースの妻キャロル役をメグ・ライアンが演じ、後にハリウッドでブレイクするスター達が大挙して本作に出演している。
ケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン」、ベルリンの「愛は吐息のように」が収録されたサントラ盤も、大ヒットした。

戦闘機を操縦し、バイクで疾走し、女性教官と恋に落ちるトム・クルーズが、とにかく格好いい。
アメリカ海軍の全面協力による空中戦は迫力満点で、当時のソ連のミグ戦闘機を撃墜してしまうシーンにも、「それはアカンやろう」と思いつつ興奮してしまう。
主人公の人物描写の薄さはともかく、1980年代を代表する映画であることは間違いない。
評価:★★★★
c0186202_23353388.jpg
トップガン [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-30 00:01 | タ行
c0186202_22305516.jpgハリー・ポッター・シリーズの第4弾。
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は無事にホグワーツ魔法魔術学校の4年生に進級。新学期早々ダンブルドア校長から、100年ぶりに「三大魔法学校対抗試合」がホグワーツ主催で復活することが発表される。それは、世界の3大魔法学校の生徒が一堂に会し、各校から1名ずつ選ばれた17歳以上の代表選手が魔法の力を競い合う交流戦であった。代表選手は立候補した生徒の中から、「炎のゴブレット」が選び出すという。各校の代表3名が選ばれた直後、立候補もしていない14歳のハリーが、なぜか4人目の選手として選ばれてしまうのだった・・・。

本作から監督がマイク・ニューウェルに変わり、映画全体がさらにダークな雰囲気になっている。
ハリー役のダニエル・ラドクリフ、ロン役のルパート・グリント、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンの3人も成長して、それぞれ恋愛を経験する。
新聞記者リータ・スキーター役をミランダ・リチャードソンが演じている。
そして、本シリーズの最重要人物役をレイフ・ファインズが演じている。

対抗試合を中心にテンポよくストーリーが展開していき、本シリーズのターニングポイントとなる展開がラスト30分間に待っている!
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が、それぞれ少年・少女から大人へと成長していくという意味でもターニングポイントとなる作品である。
評価:★★★★★
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (1枚組) [DVD]
c0186202_22312417.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-14 00:04 | ハ行

M:i:III

c0186202_17545396.jpgミッション:インポッシブル・シリーズの第3弾。
IMFのエージェント、イーサン・ハントは現場を退き、教官としての仕事をしながら婚約者のジュリアと幸せな生活を送っていた。そんな彼に、かつての教え子であるリンジーが、ベルリンで敵に捕らえられたという知らせが届く。迷いながらも救出作戦に参加したイーサンは、ルーサー、ゼーン、デクランら仲間達とのチームワークを発揮し、見事にリンジー救出を果たしたが、ヘリでの脱出中にリンジーの頭に仕掛けられた時限爆弾が作動して、彼女が死んでしまう。イーサンはリンジーが監視していた、ブラックマーケットの商人であるオーウェン・ディヴィアンを拘束すべく、仲間とバチカンへ向かうが・・・。

本作は「ミッションを実行する」のではなく「イーサンが巻き込まれた危機を1つ1つ乗り越えていく」という展開でストーリーが描かれている。
アクションシーンの連続は、観客を飽きさせないが、ちょっと詰め込みすぎのため、個々のアクションの印象が薄くなってしまった。
イーサン役のトム・クルーズは、アクションに次ぐアクションを自ら演じている。
ディヴィアン役のフィリップ・シーモア・ホフマンは、本作のような悪役を演じると、絶妙にうまい。
J・J・エイブラムス監督作品。
評価:★★★★★
M:i:III
c0186202_17551969.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-27 00:01 | マ行
マトリックス・シリーズの第3弾。
現実世界とマトリックスの間に取り残されてしまったネオは、仲間達に助けられ現実世界へ戻ってくる。コンピュータ側が、センティネルの大群でザイオン壊滅のため猛攻を仕掛けてくる中、ザイオン軍は必死の抵抗を試みていた。一方、はぐれプログラムとなったスミスは、今や現実世界と、マトリックスを含めたマシン帝国をも破壊しうる脅威の存在として、ネオとの最終決戦に備えていた。そんな中、ネオとトリニティーは、予言者オラクルの最後の導きの言葉を信じ、マシン・シティーの心臓部へと入り込む危険な旅に出るのだった・・・。

本作の感想であるが、マシン軍とザイオン軍の戦闘シーンが長く、ストーリー展開が単調である。
あと、3部作のクライマックスは、このようなラストしかなかったのだろうか。やはり、1作目のようなカタルシスのあるエンディングのほうが、私は好きだ。
アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー監督作品。
評価:★★★★★
c0186202_065027.jpg
マトリックス レボリューションズ [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-21 00:03 | マ行
マトリックス・シリーズの第2弾。
人類の救世主として覚醒したネオ。しかしコンピュータ側が、人類最後の都市ザイオンに対し、センティネルと呼ばれるロボット25万体での殲滅作戦を決行したことが明らかとなった。残された時間は、72時間。ザイオンを救うためには、マトリックスの全ての入口の鍵を持つ「キー・メーカー」の存在が不可欠だった。彼を見つけるため、ネオとトリニティー、モーフィアスは、再びマトリックスへと乗り込んでいくのだった・・・。

オープニングでのトリニティーの登場シーン、フリーウェイでのチェイス・シーン、そしてネオ対100人のエージェント・スミスとの格闘シーンなど、本作でも視覚的な見所は多い。
また、マトリックス世界の全貌を知り、「救世主」としての自分の役割に苦悩するネオの姿など、ストーリー面でも深みは増している。
しかし前作との決定的な違いは、第3弾に続くが故に、鑑賞後のカタルシスが少ないことである。3部作の2作目には多いことではあるが・・・。
アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー監督作品。
評価:★★★★★
c0186202_23532049.jpg
マトリックス リローデッド [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-21 00:02 | マ行

マトリックス

マトリックス・シリーズの第1弾。
コンピュータ・プログラマーのトーマス・アンダーソンには、凄腕ハッカー「ネオ」としての別の顔があった。ある日、ディスプレイに現れたメッセージを元に、謎の美女トリニティと接触したネオは、彼女に導かれモーフィアスという男に出会う。彼はネオにこの世界について衝撃的な事実を告げるのであった・・・。

マトリックスの公開前後で、映画界のVFX技術は明らかに変化した。日本のアニメ映画「攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL」の影響を受けているのは有名な話だが、香港ワイヤーアクションの第一人者であるユエン・ウーピン武術指導のカンフー・アクション、不思議の国のアリスをモチーフにしたストーリー展開など、あらゆる要素が融合した奇跡のような映画。この映画を、ぜひ体感してほしい!
アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー監督作品。
1999年度 キネマ旬報ベストテン 第6位。
評価:★★★★★
c0186202_16421366.jpg
マトリックス 特別版 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-21 00:01 | マ行
007シリーズの第20弾。5代目ジェームズ・ボンドをピアース・ブロスナンが演じる。
ボンドは、北朝鮮のムーン大佐暗殺のため朝鮮半島に潜入するが、軍に捕らえられ、監禁・拷問の日々を送る。14ヵ月後、ムーン大佐の腹心ザオとの交換により自由の身となるが、彼は諜報部員の資格を剥奪される。汚名挽回のため、ザオを追って香港、キューバへ飛んだボンドは、NSA(アメリカ国家安全保障局)のジンクスと出会う。ザオの残した手がかりから、ボンドは英国のダイヤモンド王グスタフ・グレーヴスが黒幕だと確信する。そして、アイスランドに飛んだボンドは、人工衛星を使った恐るべき計画を知るのだった・・・。

ジンクス役のハル・ベリーが魅力的で、20作目の記念作品らしく、彼女の登場シーンは「007/ドクター・ノオ」にオマージュが捧げれられている。
リー・タマホリ監督作品。
評価:★★★★★
c0186202_14415890.jpg
ダイ・アナザー・デイ (アルティメット・エディション) [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-17 00:01 | サ行

ターミネーター4

ターミネーター・シリーズの第4弾。
2018年、「スカイネット」が引き起こした核戦争「審判の日」をかろうじて生き延びた人間たちは、抵抗軍を組織し、機械軍との死闘に身を投じていた。抵抗軍のリーダーとなったジョン・コナーは、将来自分の父親になる宿命を担った少年、カイル・リースを探していた。そんなある日、マーカス・ライトという謎の男が現れる。彼は過去の記憶を失くしており、脳と心臓以外はすべてが機械だった。果たして、マーカスは敵か味方か。しかし、マーカスからカイルの身に危機が迫っていることを知らされ、ジョンはマーカスと共に「スカイネット」の中枢へと侵入する・・・。

大ヒットシリーズの4作目にして、これまで語れなかった「本当の未来」を描くSFアクション大作。
ジョン・コナー役のクリスチャン・ベイルが、カリスマ性のある人類のリーダーを説得力たっぷりに演じている。
マーカス・ライト役のサム・ワーシントンが、凶暴性と優しさをあわせ持った複雑なキャラクターを熱演している。機械と人間の違いは何なのか。人の心はどこに宿るのか。そんな、本作の主題となるテーマのキーパーソンであり、彼の演技が、本作に単なるSF映画にはない深みを与えている。

荒涼とした大地、廃墟と化した大都市、そこで繰り広げられる人類対機械軍の死闘。
本作では、ターミネーターも様々なタイプが登場する。バイク型の「モトターミネーター」や「T-600」、「T-700」、そしてシリーズ全てに登場している「T-800」。掃討用空中移動マシーン「ハンターキラー」や、巨大ロボット「ハーヴェスター」も人類の脅威である。
これら未来の世界観は、過去の3作品の世界観を十二分に踏まえており、本シリーズのファンにも違和感なく受け入れられると感じた。今までのストーリーを尊重しつつ、さらに自分の解釈で、作品の世界観を発展させた、マックG監督の手腕は見事である。
「5作目」を期待せずにはいられない、そんな1本であった。
評価:★★★★
>>公式サイト
c0186202_21444320.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-15 00:04 | タ行

ターミネーター3

ターミネーター・シリーズの第3弾。
防衛コンピュータ「スカイネット」が管理する未来社会から送り込まれたT-1000の襲撃を、T-800の活躍で生き残ったジョン・コナー。それから10年後の2004年、「審判の日:1997年8月29日」は回避され、彼は放浪の旅を続けていた。そんなある日、2032年から新たな女性型ターミネーター「T-X」が送り込まれてくる。T-Xは、リストにある人間たちの抹殺を開始した。再び戦いに身を投じるジョンの前に、あのT-800と同じ形状のターミネーター「T-850」が姿を現わす・・・。

T-850役のアーノルド・シュワルツェネッガーは、久々のターミネーターを熱演している。しかし、残念ながらアクションシーンの演出には新鮮味を感じなかった。クレーン車での派手なアクションも、CGだというのだから驚きである。
ジョン・コナー役のニック・スタールは好演しているが、前作からの流れを考えると、私はミスキャストだと思う。

ラストで明らかになる「スカイネット」の正体は、1作目が製作された1984年当時では、とうてい考えられなかった設定であろう。この20年間のIT社会の進歩を感じずにはいられない。
ジョナサン・モストウ監督作品。
評価:★★★★★
c0186202_2134996.jpg
ターミネーター3 スタンダード・エディション [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-15 00:03 | タ行

ターミネーター2

ターミネーター・シリーズの第2弾。
あれから10年後の1994年、人類滅亡の日は3年後に迫っていた。前作で結ばれたサラ・コナーと未来から来たカイル・リースとの間に生まれたジョン・コナーこそ、未来における機械軍との戦争で人類を勝利に導くリーダーだった。そんな、少年に成長したジョンの前に、未来から再び2体のターミネーターが送り込まれてくる。1体は彼を殺す使命を受けた液体金属でできた最新型T-1000、もう1体は、ジョンを守るために送られた前作と同タイプのT-800であった。一方、来るべき未来の戦争を知る唯一の人間サラは狂人扱いされ精神病院へ入れられていた・・・。

前作の10倍の制作費1億ドルが投入された、ジェームズ・キャメロン監督のSFアクション超大作。
T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーは、アクション俳優として最高の演技を見せてくれている。用水路を、オートバイにまたがり、片手でショットガンをぶっ放すシーンは、最高にかっこいい。
サラ役のリンダ・ハミルトンに前作の女子大生の面影はない。息子を守るために鍛え上げられた肉体は、まさに男顔負けの女戦士である。この変貌ぶりには、すさまじい役者魂を見せつけられた。
ジョン役のエドワード・ファーロングが、T-800との友情を育む少年役を好演している。一時期、アルコールと薬物に溺れた彼の、役者としての再浮上を願いたい。
T-1000役のロバート・パトリックが、感情のない殺人マシーンに徹している。T-800との対決シーンは手に汗を握る迫力である。

特殊金属でできた変幻自在の新型ターミネーターのCGは驚異的である。このCGは「アビス」で海水に姿を借りた宇宙人を視覚化した技術を流用したという。この技術をT-1000のCGに用いるという発想がなければ、本作の脚本は生まれず、興行的にもここまでの成功はなかったであろう。
間違いなく超一級の娯楽大作だが、個人的には前作の方が私は好きである。ターミネーター自体の恐怖感やキャラクターの描きこみなど、脚本の完成度としては前作の方が上のように感じた。
1991年度 キネマ旬報ベストテン 第8位。
評価:★★★★
c0186202_20564876.jpg
ターミネーター2 ダブル・エディション [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。

★ ターミネーター2(特別編) ★ はこちら
[PR]
by movie4life | 2009-06-15 00:02 | タ行