おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:サスペンス ( 85 ) タグの人気記事

ターミネーター4

ターミネーター・シリーズの第4弾。
2018年、「スカイネット」が引き起こした核戦争「審判の日」をかろうじて生き延びた人間たちは、抵抗軍を組織し、機械軍との死闘に身を投じていた。抵抗軍のリーダーとなったジョン・コナーは、将来自分の父親になる宿命を担った少年、カイル・リースを探していた。そんなある日、マーカス・ライトという謎の男が現れる。彼は過去の記憶を失くしており、脳と心臓以外はすべてが機械だった。果たして、マーカスは敵か味方か。しかし、マーカスからカイルの身に危機が迫っていることを知らされ、ジョンはマーカスと共に「スカイネット」の中枢へと侵入する・・・。

大ヒットシリーズの4作目にして、これまで語れなかった「本当の未来」を描くSFアクション大作。
ジョン・コナー役のクリスチャン・ベイルが、カリスマ性のある人類のリーダーを説得力たっぷりに演じている。
マーカス・ライト役のサム・ワーシントンが、凶暴性と優しさをあわせ持った複雑なキャラクターを熱演している。機械と人間の違いは何なのか。人の心はどこに宿るのか。そんな、本作の主題となるテーマのキーパーソンであり、彼の演技が、本作に単なるSF映画にはない深みを与えている。

荒涼とした大地、廃墟と化した大都市、そこで繰り広げられる人類対機械軍の死闘。
本作では、ターミネーターも様々なタイプが登場する。バイク型の「モトターミネーター」や「T-600」、「T-700」、そしてシリーズ全てに登場している「T-800」。掃討用空中移動マシーン「ハンターキラー」や、巨大ロボット「ハーヴェスター」も人類の脅威である。
これら未来の世界観は、過去の3作品の世界観を十二分に踏まえており、本シリーズのファンにも違和感なく受け入れられると感じた。今までのストーリーを尊重しつつ、さらに自分の解釈で、作品の世界観を発展させた、マックG監督の手腕は見事である。
「5作目」を期待せずにはいられない、そんな1本であった。
評価:★★★★
>>公式サイト
c0186202_21444320.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-15 00:04 | タ行

チェイサー

デリヘルを経営する元刑事ジュンホの元から、女たちが相次いで失踪する。時を同じくして、街では連続猟奇殺人事件が勃発。ジュンホは、女たちが残した携帯電話の番号から客の1人ヨンミンに辿り着く。「女たちは俺が殺した。そして、最後の女はまだ生きている。」
捕らえられたヨンミンは、あっけなく自供するが・・・。

10ヵ月間に21人を殺害した韓国の連続殺人鬼ユ・ヨンチョルの事件にインスパイアされた、ナ・ホンジン監督の長編デビュー作。
「追う男」ジュンホ役のキム・ヨンソクが、囚われた女の命を救うため、夜の街を猛然と疾走する元刑事を演じる。最初はデリヘル嬢を売り飛ばされたと思い、私欲から行動していたジュンホが、デリヘル嬢の娘と行動を共にするうちに、自身の正義感に目覚めていく演技が素晴らしい。
「追われる男」ヨンミン役のハ・ジョンウが、全てを凌駕したシリアルキラーを演じている。劇中では、犯行の動機が一切語られず、そのことがこのキャラクターを一層不気味なものにしている。女性刑事との一対一の場面で、刑事が生理中であることを言い当てるシーンなど、尋常ではない演技であった。

精巧に作りこまれた脚本、息をもつかせぬほどの緊迫感溢れる展開、そして人間の愚かさや真の闇が、交錯する人間模様の中で見事に描き出されている。
「殺人の追憶」と同様、本作でも韓国の警察の杜撰な捜査が描かれている。韓国の警察の実態が、劇中で描かれた内容とは異なることを、願わずにはいられない。
評価:★★★★
>>公式サイト
c0186202_17531058.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。

★★★以下は、ネタバレです。★★★
[PR]
by movie4life | 2009-06-03 00:00 | タ行

スペース・カウボーイ

1958年。フランク・コービン率いるアメリカ空軍の伝説的なテスト・パイロット・チーム「ダイダロス」の4人は、宇宙への実験飛行のために厳しい訓練に耐えていた。しかし、土壇場になってプロジェクトにNASAが介入。アメリカ発の宇宙飛行士は、彼らではなく、一匹のチンパンジーだった。
それから約40年。NASAからフランクの元に、故障したロシアの旧式衛星の修理依頼が入る。彼は、宇宙での作業をかつての自分のチームで行うという条件で、依頼を承諾する。彼はこの任務のため、かつてのチームメイト(曲芸パイロットのホーク、ジェットコースターを設計しているジェリー、田舎の牧師タンク)を集め始める・・・。

老パイロットたちが、自らの夢だった宇宙飛行へと挑む、クリント・イーストウッド監督・主演作品。
フランク役のイーストウッドをはじめ、ホーク役のトミー・リー・ジョーンズ、ジェリー役のドナルド・サザーランド、タンク役のジェームズ・ガーナーら、ベテラン俳優たちが最高の演技を見せてくれる。
「ディープ・インパクト」や「アルマゲドン」とは一味違った、イーストウッド流の骨太の人間ドラマが宇宙でも展開される。
ラストの月から地球を映すシーンの美しさが忘れられない。
2000年度 キネマ旬報ベストテン 第1位。
評価:★★★★
c0186202_16123696.jpg
スペース カウボーイ 特別版 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:13 | サ行

真夜中のサバナ

ジョージア州サバナ。ジャーナリストのジョン・ケルソーは、豪邸に住む骨董商ジム・ウィリアムズが、毎年開くクリスマス・パーティの取材のため、当地を訪問する。ところがその晩、屋敷に出入りしていた青年ビリー・ハンソンが銃殺され、ジムが殺人容疑で逮捕されてしまう。そしてジョンは、皆どこか変わっているサバナの住人たちに、強い興味を覚え始めていた・・・。

クリント・イーストウッド監督が、「北米一美しい町」といわれるサバナで、実際にあった殺人事件とその裁判の様子を描いたサスペンス。
ジョン役のジョン・キューザック、ジム役のケヴィン・スペイシー、そしてビリー役には「リプリー」でブレイクする前のジュード・ロウが出演している。
この映画の原作出版後、美しい観光地だった町は、「ミステリアスな場所」として知られるようになる。「ハエを頭に飼っている元科学者」「いくども中絶費用をせしめているドラッグ・クイーン」「人の家の窓を金槌で割って歩くおばあさん」「首輪だけの見えない犬を散歩させる老人」など、これらの不思議な人々が、すべて実在の人物であるという。
イーストウッドは、本物のジムの家で撮影を行い、原作にも登場したサバナの住民本人たちを映画に出演させることで作品にリアリティを与えている。中でも実在のドラッグ・クイーン、ザ・レディ・シャブリは強烈な印象を残す。
美しくも妖しい町で、実際に起こった物語の映画化である。
評価:★★★★★
c0186202_22161846.jpg
真夜中のサバナ 特別版 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:12 | マ行

目撃

ヴァージニア州の高級住宅地。超一流の大泥棒ルーサーが、大統領の後援者であるサリヴァンの邸宅に忍び込む。一家は休暇旅行中のはずが、夫人のクリスティが大統領のリッチモンドを伴って帰宅する。酔った勢いで暴力を振るうリッチモンドに、クリスティがナイフで反撃。飛び込んだシークレット・サービスのバートンとコリンが、彼女を射殺する。駆けつけた大統領補佐官のグロリアは、2人に現場の証拠隠滅を命じ、事件のもみ消しを図るが・・・。

クリント・イーストウッド監督・主演のサスペンス・ドラマ。
ルーサー役のイーストウッドは、大統領の偽善者ぶりに業を煮やし、孤独な戦いに身を投じていく。変装の達人の役だが、どこから見てもイーストウッドなのはご愛嬌。
リッチモンド大統領役にジーン・ハックマン、ルーサーを追う刑事フランク役にエド・ハリス、ルーサーの娘ケイト役にローラ・リニー、バートン役にスコット・グレン、グロリア役にジュディ・デイヴィスと一流の俳優陣が脇を固めている。
ルーサーと娘ケイトの親子愛を絡めながら、軽快なストーリー展開で、気軽に最後まで楽しめる作品。
評価:★★★★★
c0186202_2322373.jpg
目撃 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:11 | マ行

ガントレット

ラスベガスからフェニックスまで、重要事件の証人の護送する任務を受けたしがない警官ショックリー。だがラスベガスで彼を待っていたのは、若く美しい娼婦マリーだった。フェニックスに行けば殺されると怯えるマリーの言葉に、最初は耳を傾けなかったショックリーだったが、2人の行く先々で不可解な事件が続出する・・・。

裁判で上司が不利になる証人を護送することになった警官の活躍を描くクリント・イーストウッド監督・主演のアクション映画。
マリー役で、当時イーストウッドと交際していたソンドラ・ロックが知的な娼婦を魅力的に演じている。
警官隊が待ち受けるなか、バスに乗りこんだ彼らが、数千発の弾丸の雨に突っ込む有名なラストシーンが強烈である。
評価:★★★★★
c0186202_2213669.jpg
ガントレット [DVD](実際のDVDと、上記の画像とは異なる場合があります。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:02 | カ行

JFK

1963年11月22日、テキサス州ダラスで、第35代大統領ジョン・F・ケネディが暗殺される。暗殺後2時間も経たないうちに、警官殺しの容疑で逮捕されたリー・ハーヴィー・オズワルドが大統領暗殺の犯人と発表され、さらにオズワルド自身がダラス警察本部の駐車場で、ナイトクラブ経営者ジャック・ルビーにより射殺される。ジョンソン大統領が、事件を調査すべく設置したウォーレン委員会の出した結論は、オズワルドの単独犯行というものであった。
そして3年後、ニューオリンズの地方検事ジム・ギャリソンは、オズワルドの不可解な死に疑問を抱き、暗殺事件の秘密調査を始める。真の犯人は誰なのか?そしてその動機は?ギャリソンは炎のような執念で事件の核心に迫っていく・・・。

いまだその真相が明らかにされていないケネディ大統領暗殺事件。その謎に、オリヴァー・ストーン監督が地方検事ジム・ギャリソンの著書をもとに挑んだ問題作。
ギャリソン役のケヴィン・コスナーが、真相究明に挑む検事役を、その清廉なイメージで熱演している。
シシー・スペイセク、ジョー・ペシ、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、ジャック・レモン、ウォルター・マッソー、ドナルド・サザーランド、ケヴィン・ベーコン、ジョン・キャンディといった一流のキャストたちが、共演者としてストーリーを盛り上げている。

3時間を超える大作を、大量のドキュメンタリー・フィルムを織り交ぜながら、観客を最後まで飽きさせないストーン監督の手腕は見事である。
全ての真相が明らかになるのは、非公開の極秘文書が公開される2039年まで待たなければならない。
なお、この映画に興味を持たれた方には、落合信彦著「2039年の真実」をおすすめする。
1992年度 キネマ旬報ベストテン 第9位。
評価:★★★★★
c0186202_23574938.jpg
ディレクターズカット JFK 特別編集版 [DVD]


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-22 00:06 | サ行
007シリーズの第16弾。4代目ジェームズ・ボンドをティモシー・ダルトンが演じる。
ボンドと元CIAのフェリックスは、麻薬王サンチェスを逮捕する。しかしサンチェスは、仲間のクレストの手で脱走し、フェリックスに瀕死の重傷を負わせ、彼の新妻を殺してしまう。そんなサンチェスに対して堅く復讐を誓うボンドだったが、彼の上司「M」は、事件への関与を止めるよう忠告する。それに同意しないボンドは、殺しの許可証を奪われ、孤独な戦いを強いられることになる。ボンドは、パイロットのパムと共に、イストマス・シティへ飛び、元英国情報部員の肩書きを利用してサンチェスに近づいてゆく。そして、クレストを裏切り者に仕立てあげることで組織に入り込んだボンドは、サンチェスが麻薬をガソリンに溶かし、運び出そうとしていることを知るのだった・・・。

ラストのタンクローリーでのチェイス・シーンは手に汗を握る。
殺し屋ダリオ役で、若きベニチオ・デル・トロが出演している。
ジョン・グレン監督作品。
評価:★★★★★
c0186202_1229159.jpg
消されたライセンス (アルティメット・エディション) [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-15 00:05 | サ行

007/美しき獲物たち

007シリーズの第14弾。3代目ジェームズ・ボンドをロジャー・ムーアが演じる。
英国が開発した防衛システムに不可欠のマイクロチップが奪われる事件が発生。調査に乗り出したボンドは、石油とエレクトロニクス、そして競馬で巨万の富を築き上げた大富豪ゾリンの存在を知る。事件の真相を探るボンドは、サンフランシスコ郊外の地質に関する資料を、ゾリンが入手したことを知る。ゾリンは電子科学の分野を制圧するために、シリコン・バレーの地下鉱山で爆発を起こし、街を水没させることを計画していたのだった・・・。

ゾリン役のクリストファー・ウォーケン、メーデー役のグレース・ジョーンズが悪役を怪演している。
ジョン・グレン監督作品
評価:★★★★★
c0186202_13535551.jpg
美しき獲物たち (アルティメット・エディション) [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-15 00:03 | サ行

007/オクトパシー

007シリーズの第13弾。3代目ジェームズ・ボンドをロジャー・ムーアが演じる。
宝石の密輸事件を追っていたボンドは、インドの王族カマルとソ連のオーロフ将軍の存在を知り、インドへ飛ぶ。カマルにはオクトパシーというサーカス団のオーナーのパートナーがいた。ドイツへ飛んだボンドは、一味がカールマルクスシュタットで宝石を偽物とすり替え、オクトパシー・サーカスを利用して国境を越えようとしていることを知る。しかし、カマルとオーロフの真の狙いは、次の目的地フェルトシュタットのNATOのアメリカ軍基地で核弾頭を爆破させることだった・・・。
ジョン・グレン監督作品。
評価:★★★★★
c0186202_1326346.jpg
オクトパシー (アルティメット・エディション) [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-15 00:02 | サ行