おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ドラマ ( 176 ) タグの人気記事

愛を読むひと

1958年、ドイツ。15歳のマイケルは、年上の女性ハンナと激しい恋に落ちる。ハンナはマイケルに本の朗読を頼み、いつしかそれが2人の愛の儀式となる。しかし突然ハンナは姿を消してしまう。
8年後、衝撃の再会が待っていた。法学生のマイケルが傍聴した裁判で見たのは、戦時中の罪に問われるハンナだった。彼女は「ある秘密」を守るために、不当な証言を受け入れて無期懲役となる。
裁判から10年、マイケルは刑に服すハンナの朗読者になることを決意していた。彼はなぜ、ハンナへの愛を本に託すことしかできないのか?自由を犠牲にしてまでも、ハンナが守る「秘密」とは?

ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー「朗読者」を、スティーヴン・ダルドリー監督が映画化した愛の物語。
ハンナ役のケイト・ウィンスレットは、本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞した。収容所の看守としての過去を持ち、物語の重要な伏線となる「秘密」を抱えたハンナという女性の、36歳からの30年間にわたる人生を熱演している。
マイケル役のレイフ・ファインズが、初恋のトラウマから抜け出せず、ハンナに献身的な愛を捧げつつも彼女の過去を受け入れられない男を演じている。
青年時代のマイケル役のデヴィッド・クロスが、ハンナと肉体を通して結ばれた恋に溺れ、再会後は彼女の秘密と過去に苦悩する青年を好演している。

ハンナが自分の生死に変えても隠したい「秘密」について、そこまで隠す必要が映画鑑賞中は理解できなかった。しかし、ダルドリー監督へのインタビューより、実際に同じような社会的ハンディを持つ人の中には、家族にも知られず一生を過ごした人もいるとのことで、大変驚かされた。

さて、この映画での最大のポイントは、ハンナの裁判でマイケルが下した「選択」だと思う。
彼は、ハンナへの愛から、命に変えても「秘密」を守ろうとする彼女を裏切れなかったのだろうか。
それとも、彼女を説得して「秘密」を告白させることで、自分が引き受けなければならないものの重さにたじろいだのだろうか。
私は、ハンナがナチズムの名のもとで犯した罪への「怒り」から、マイケルは「あの選択」を下したのだと感じた。それは、マイケルがかつてのユダヤ人の収容所を1人で訪れるシーンからも明らかだと思う。

確かにハンナは加害者である。戦後世代のマイケルには、老いたハンナと面会するに及んでも、ドイツの過去、ハンナの過去を受け入れることができていなかったのだろう。

だが、「人が人を裁く」のではなく、「法が人を裁く」のである!

それは、裁判員制度が始まった日本においても同じだと思う。
決して、「愛」や「怒り」から人を裁いてはいけないのである。
ドイツと同様、戦後が続く日本に生まれた私にも、色々と考えさせられる映画であった。
評価:★★★★★
>>公式サイト
c0186202_032470.jpg
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-05 00:03 | ア行

ホテル・ルワンダ

1994年、ルワンダの首都キガリ。フツ族とツチ族との民族間の対立が大虐殺に発展し、100日間で100万人(国民の10%)もの人々が惨殺さる中、高級ホテルの支配人ポール・ルセサバギナは、フツ族とツチ族の難民を共にホテルに受け入れることを決断する・・・。

有名ホテルとしてのステータスを盾に過激派から難民を匿い、ホテル支配人として培った人間関係を駆使して、実際に1268人もの人々の命を救った1人のホテルマンの実話を、テリー・ジョージ監督が映画化した作品。
ポール役のドン・チードルが、巧みな話術で危機を乗り越え、必死で難民を守り抜こうとするホテルマンを演じている。緊迫感溢れる演技が素晴らしい。
国連兵士オリバー大佐役でニック・ノルティ、報道カメラマンのジャック役でホアキン・フェニックス、ベルギーのホテル社長テレンス役でジャン・レノが共演している。

本作の出来事が、わずか10年余り前の出来事であること。
かつて仲良くやっていたフツ族とツチ族の仲を引き裂いたのは、欧米の植民地政策の一貫だったこと。
国連が、ソマリアでの介入失敗の二の舞を恐れて、この紛争への介入が遅れたこと。

ルワンダに関する歴史や、先進国がこの紛争を見て見ぬフリをしてきたという事実を、この映画を通じて初めて知ることができた。
今後、このような事態が世界のどこかで起こったときに、自分に何ができるのか深く考えさせられた。
評価:★★★★★
c0186202_0134422.jpg
ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-04 00:01 | ハ行

ナイロビの蜂

ケニアのナイロビ。ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官ジャスティン。彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見て見ぬ振りを通していた。ところがある日、テッサが救援活動中に何者かに殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは意を決して、妻の死の真相の調査に乗り出す。やがて妻の追っていた事件が、国際的陰謀が絡んだイギリスの薬品メーカーによる現地の人々を使った人体実験であることを突き止める・・・。

夫を愛するが故に、真相を秘密にしていた妻。真相を究明する過程で妻の大きな愛を知り、それに応える夫。フェルナンド・メイレレス監督が、サスペンスの中に夫婦の愛の強さを見事に描いている。
ジャスティン役のレイフ・ファインズが、妻テッサの足跡を辿り、やがて彼女のもとに辿り着く夫を熱演している。
テッサ役のレイチェル・ワイズは、本作でアカデミー賞助演女優賞を受賞している。正義感が強く、最期には不慮の死を遂げる彼女の存在感ある演技が素晴らしい。

だが、何よりも印象に残ったのはアフリカの子供たちの屈託のない笑顔である。メイレレス監督が、常に弱者の視点であることを強く感じさせられた。
人の命に「安い」「高い」があるというアフリカの現実を、あらためて認識させられた作品である。
評価:★★★★
c0186202_23173351.jpg
ナイロビの蜂 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-03 00:02 | ナ行

レスラー

金・家族・名声を失った元人気プロレスラーのランディ・ロビンソン。今では、スーパーでアルバイトをしながら、トレーラーハウスに1人で住み、かろうじてプロレスを続けている。彼にとっては、プロレスの仲間だけがファミリーと呼べる存在であり、リングの上だけがホームと呼べる場所だ。しかし、長年のステロイド使用がたたって心臓発作で倒れたランディは、引退を余儀なくされる。新しい仕事に就き、疎遠にしていた娘ステファニーとの絆を修復し、ストリッパーの恋人キャシディを見つけ、人生の再出発をはかろうとするランディだが・・・。

自らの生き様を貫き通す中年プロレスラーを描いた、鬼才ダーレン・アロノフスキー監督のヒューマン・ドラマ。
ミーキー・ロークが、プロレスラーのランディ役を自身の波乱万丈の俳優人生と重ね合わせたかのように哀愁たっぷりに演じている。
マリサ・トメイが、ストリッパーのキャシディ役を体を張って熱演している。ストリッパーとしての顔、舞台を降りた母親としての顔、そしてランディへの愛に素直になれない顔を見事に演じ分けている。

とにかく、ミッキー・ロークの演技が素晴らしい。
リングを降りれば、電話をする時は老眼鏡をかけ、左耳には補聴器を付けている。
それでもプロレスラーとして、プロテインや薬を飲みながら日々の筋力トレーニングは欠かさず、日焼けサロンに通う。このレスラー魂に心を打たれた。
そして、何よりも驚かされたのが、ミッキー・ロークのリング上でのプロレス技の数々である。必殺技の「ラム・ジャム」こと、コーナー・ポストからのダイビング・ヘッドバットの美しさ。腕取り回し蹴り、アックス・ボンバー、場外へのノータッチ・プランチャ(これが1番驚いた)など、本物のプロレスラーも顔負けのレスラーっぷりに感動した。

プロレスとは「肉体言語」であると言われるが、ランディにとって自分が自分でいられる場所は、リングの上だけだったのだろう。
この映画を観て、1人のプロレス・ファンとして、若くしてこの世を去っていった名レスラーたちの勇姿が思い出され、胸が熱くなった。
評価:★★★★
>>公式サイト
c0186202_09877.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-02 00:01 | ラ行

夫たち、妻たち

マンハッタンに住む大学教授のゲイブ・ロスと美術関係出版社に勤めるジュディ夫妻には、親友のジャックとサリー夫妻がいる。ある夜、会食の席上で、彼らはジャックたちから離婚を打ち明けられる。この話に動揺したロス夫婦は、自らの愛情問題を見直すことになる。やがて、それぞれの前に魅力的な異性が現れて・・・。

2組の夫婦の葛藤を描きながら愛の本質を見つめた、ウディ・アレン監督・主演作品。
ゲイブ役をウディ・アレンが、ジュディ役をミア・ファローが演じている。
ジャック役を、「愛と哀しみの果て」などの監督で知られるシドニー・ポラックが演じている。
サリー役のジュディ・デイヴィスが、夫と新しい恋人との間で揺れる妻を熱演している。
ゲイブが興味を抱く生徒レイン役のジュリエット・ルイスの存在感ある演技も印象に残る。

激しいセリフのやりとりと、手持ちカメラでのリアルな映像を駆使したドキュメンタリー風のタッチで、2組の夫婦の愛の崩壊と再生を描いている。
本作完成後に、長年の公私にわたるパートナー関係に終止符を打った、アレンとミア・ファローが皮肉にも夫婦を演じている。さらにその破局後に、アレンが中国系養女と結婚するというエピソードも、本作を彷彿とさせているようで興味深い。
評価:★★★★★
c0186202_22291028.jpg
夫たち、妻たち [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-30 00:12 | ア行

私の中のもうひとりの私

大学で哲学を教えるマリオンは、知的で理性的な女性。2度目の結婚になる医師で優しい夫ケン、義理の娘ローラと、いたって幸せな日々を送っていた。自らの幸福な人生を疑ったことのなかった彼女は、新作の執筆のため、ニューヨークの下町に静かなアパートを借りる。そんなある日、隣室の精神分折医のもとに通う患者の声が聞こえてくる。その患者ホープの赤裸々な告白が、かつての自分の苦悩と重なり、次第に「もうひとつの自分」を見つめ直すようになる・・・。

ウディ・アレン監督が、初老に差しかかった一人の女性の自己発見の心の旅を描いた心理ドラマ。
マリオン役のジーナ・ローランズが、今までの自分の人生に苦悩し、それでもなお新たな人生への一歩を踏み出す主人公を、素晴らしい演技で見せてくれている。
ホープ役はミア・ファローが演じている。

本作も「インテリア」と同様、イングマール・ベルイマン監督の影響を色濃く感じる作品である。
自分がマリオンと同じ年齢になった時に、もう一度この映画を観たら、どのように感じるのだろうか。
私は男なので、マリオンのように今までの人生をリセットするような勇気は持てないように思うが。
評価:★★★★★
c0186202_1150194.jpg
私の中のもうひとりの私 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-28 00:10 | ワ行

ラジオ・デイズ

第二次世界大戦が勃発したばかりの、ニューヨーク・クィーンズ区のロッカウェイ。少年ジョーの一家は何の仕事をしているのか言わない父、しっかり者の母、母の姉夫婦とその一人娘、母の妹で結婚運の悪い叔母のビー、母方の祖父母という大家族で、決して豊かではないが愛に溢れた幸福な日々を送っていた。一方、華やかなラジオ界を夢見るサリーは、ナイトクラブでシガレット・ガールをしながら、いつの日かラジオのパーソナリティになることを目指していた・・・。

ラジオが家族団欒の中心だった頃の古き良きアメリカへの郷愁を、ウディ・アレン監督が軽妙なタッチで描いた作品。
サリー役をミア・ファローが、ビー役をダイアン・ウィーストが演じている。
そして新年を祝うパーティの歌手役をダイアン・キートンが演じ、見事な歌声を聞かせてくれる。

ラジオからは、当時の数々のヒット曲が流れ、アレン監督の自伝的要素が濃い作品となっている。
ジョーが父親の職業を知るエピソードなど、一つ一つのエピソードが楽しく、鑑賞後はノスタルジックな気分に浸れる。
1987年度 キネマ旬報ベストテン 第7位。
評価:★★★★★
c0186202_2202617.jpg
ラジオ・デイズ [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-28 00:09 | ラ行
20世紀初頭のアメリカ西部。プレインビューは義理の息子のH・Wを連れて、油田探しの日々を続けていた。ある日、ポールという青年から、自分の故郷に石油の源泉があるという情報を聞いた彼は、すぐに付近の土地の買い占めに乗り出す。間もなく油脈を掘り当てるのだが、「石油の利権」「宗教との対立」といった様々な問題が彼に降りかかる・・・。

異常なまでの欲望でアメリカン・ドリームを成し遂げた男に、最後に何が残ったのかを見届けて欲しい。
主人公プレインビューを、ダニエル・デイ=ルイスが怪演。
ポール・トーマス・アンダーソン監督作品。
2008年度 キネマ旬報ベストテン 第1位。
評価:★★★★
c0186202_23493.jpg
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-26 00:01 | サ行

ハンナとその姉妹

マンハッタン。芸能一家の三姉妹の長女ハンナの夫エリオットは、妻の家庭的な雰囲気には満足しているものの、三女のリーに夢中だ。リーは年の離れた画家のフレデリックとソーホーのロフトで同棲中だが、ふとしたはずみでエリオットと深い仲になってしまう。一方、次女のホリーは陽気ではあるが、熱しやすく冷めやすい性格が災いして、恋愛も仕事も中途半端で、ハンナにいつも心配ばかりかけている。そんなある日、ハンナの家に前夫のミッキーが訪ねてくる・・・。

三姉妹と彼女たちに関わる男たちが織り成す人間模様を描いた、ウディ・アレン監督・主演の人間ドラマの傑作。
長女のハンナ役をミア・ファロー、次女のホリー役をダイアン・ウィースト、三女のリー役をバーバラ・ハーシーがそれぞれ演じている。
ミッキー役のウディ・アレンは、病気恐怖症のTVプロデューサーを演じている。
従来のアレン作品なら、自身で演じていそうな浮気男のエリオット役をマイケル・ケインが演じている。

家庭・仕事・恋愛に苦悩する三姉妹へのアレンの視点は、シニカルではあるが、あくまでも優しい。
次女ホリーとミッキーの、幸福感溢れるエンディングも素晴らしい。
人生の喜怒哀楽を味わい深く描いた、アレン監督作品の頂点とも言える1本。
1987年度 キネマ旬報ベストテン 第3位。
評価:★★★★
c0186202_2113448.jpg
ハンナとその姉妹 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-25 00:08 | ハ行

カイロの紫のバラ

1930年代、ニュージャジー。熱心に映画館に通いつめるウェイトレスのセリシアに、ある日スクリーンの中から映画の主人公トム・バクスターが語りかけてくる。スクリーンを抜け出したトムは、セシリアを連れて劇場を後にする。映画の登場人物たちはあきれて物語の進行を中断。大慌ての興行者をよそに、2人は意気投合して恋を語り合う。そこへ、主人公を演じた本物のギル・ジェルバートが現れて、事態はますます混乱を極めていく・・・。

映画を愛する者なら誰もが一度は夢見る、ウディ・アレン監督によるファンタジックなラブ・ロマンス。
セリシア役をミア・ファローが演じている。
トム役とギル役の1人2役をジェフ・ダニエルズが、器用に演じ分けている。

映画を愛する、全ての人のために作られた作品。
セリシアは、映画を観ることで現実を逃避しているのかもしれない。
でも現実を逃避できるから、人は生きていけるのであって、それが私にとって映画だったことは、とても幸せなことだと最近しみじみ感じる。素晴らしい映画との出会いを求める旅は、止められそうにない。
1986年度 キネマ旬報ベストテン 第2位。
評価:★★★★★
c0186202_21115829.jpg
カイロの紫のバラ [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-25 00:07 | カ行