おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ミュージカル ( 3 ) タグの人気記事

ヘアスプレー

1962年、ボルチモア。おしゃれとダンスが大好きなビッグサイズの女子高生トレーシーの夢は、人気TV番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演して、憧れのリンクと踊ること。ある日、番組のオーディションが開催されると知ったトレーシーは、自分と同じく大柄な母親エドナの反対を押し切り、オーディションに参加するが、番組プロデューサーのベルマから、太っていることを理由に落とされてしまう。その日、黒人のシーウィードからR&Bのステップを教わったトレーシーを、リンクが目撃する。さらにダンスパーティーで、主催者のコーニーに気に入られ、番組のレギュラーに抜擢されると、一躍人気者になる。だが、そんな彼女の成功が面白くないベルマとアンバー母娘は、様々なトラブルを仕掛けてくる。番組に月に1回「ブラック・デー」という黒人のみが出演する日があり、コーニーは差別の廃止をベルマに提案するが、逆に「ブラック・デー」自体を廃止してしまう。そこで、トレイシーはある提案をするのだが、それがきっかけで大事件が発生してしまう・・・。

トニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカルを、アダム・シャンクマン監督が豪華キャストにより映画化した痛快コメディ。原作は、1988年のジョン・ウォーターズ監督による同名作品で、監督が端役で出演している。
トレーシー役を、オーディションで選ばれたニッキー・ブロンスキーが天真爛漫に演じている。
トレーシーの母親エドナ役を、驚異の特殊メイクでジョン・トラヴォルタが演じ、久々に華麗なダンスを披露している。
ベルマ役をミシェル・ファイファーが、トレーシーの父親ウィルバー役をクリストファー・ウォーケン、リンク役をザック・エフロンが演じている。

アダム・シャンクマン監督は、人種問題を絡めつつも、決して重い内容にならないように演出している。
親子愛や夫婦愛、友情や恋が、歌と踊りに合わせてバランスよく描かれており、観る者を幸せな気持ちにしてくれる作品。
評価:★★★★★
c0186202_2320783.jpg
ヘアスプレー [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-17 00:01 | ハ行

ムーラン・ルージュ

1899年、パリの魅惑的なナイトクラブ、ムーラン・ルージュ。パリに来たばかりの作家クリスチャンは、ひょんなことからショーの台本を担当することになる。一方、このクラブの花形スターであり、高級娼婦でもあるサティーンは、女優になるためパトロンを探していた。そんな時、オーナーのジドラーからウースター公爵を紹介される。しかし、ジドラーから言われて客先を覗いたサティーンは、クリスチャンを公爵と勘違いしてしまい、それがきっかけで2人は恋に落ちてしまう・・・。

バズ・ラーマン監督が豪華絢爛に描くミュージカル大作。劇中では、「サウンド・オブ・ミュージック」からビートルズ、エルトン・ジョン、マドンナといった20世紀を代表する曲が、ふんだんに使用されている。
主役のニコール・キッドマンとユアン・マクレガーの意外な歌唱力にも驚かされる。
脇役のキャラクターが濃いのも、いかにもバズ・ラーマン監督作品らしくて楽しい。
評価:★★★★★
c0186202_224687.jpg
ムーラン・ルージュ [DVD]


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-02-26 00:03 | マ行

シカゴ

スターを夢見るロキシーは、ある日愛人を撃ち殺してしまう。刑務所に入ったロキシーは、やはり夫と妹を撃ち殺した歌手ヴェルマと出会う。そして、敏腕弁護士ビリーを雇ったロキシーは、彼のマスコミ操作により一躍スターにのし上がって行く。
悪女役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズのダンスシーンが迫力満点で、一見の価値あり。
ロブ・マーシャル監督作品。
2003年度 キネマ旬報ベストテン 第8位。
評価:★★★★★
c0186202_1242026.jpg
シカゴ スペシャルエディション [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2008-12-06 00:00 | サ行