「ほっ」と。キャンペーン

おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

タグ:ロマンス ( 48 ) タグの人気記事

まぼろし

↓↓↓本日(2009/08/17)UP↓↓↓
c0186202_2282729.jpg結婚生活25年目の50代の夫婦マリーとジャン。子供はいないが幸せな2人は、毎年夏になると訪れているフランス南西部のランド地方の別荘にやってくる。しかし、人気のない海辺でマリーが眠っている少しの間に、海に入ったはずのジャンが行方不明になってしまう。ヘリコプターを使った警察の捜査でも手がかりはつかめない。数日後、パリに戻ったマリーだが、やがてジャンの幻が見えるようになり・・・。

フランソワ・オゾン監督が愛する伴侶を突然失った女性の深い喪失感を描いた作品。
マリー役のシャーロット・ランプリングが、今なお衰えぬ美しさを漂わせて、哀しみに耐え死を受け入れていく女性を存在感たっぷりに演じている。特に、新しくできた恋人とベッドを共にするシーンで、「あなたは軽いのよ・・・」と笑い出すシーンは圧巻である。まさに、彼女の存在抜きでは考えられない作品である。

ラストシーンで、遠くの海岸線に見えるジャンのまぼろしに向かって、マリーは走り出す。
この美しくも、哀しいラストシーンが、何ともいえない余韻を残す作品である。
2002年度 キネマ旬報ベストテン 第5位。
評価:★★★★★
まぼろし<初回限定パッケージ仕様> [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-08-17 00:01 | マ行

過去のない男

↓↓↓2009/08/16 UP↓↓↓
夜行列車でヘルシンキに着いた一人の男。彼は突然暴漢に襲われて、瀕死の重傷を負う。奇跡的に一命は取り留めるものの、過去の記憶を全て失っていた。しかし、幸運にもそんな彼にコンテナで暮らす極貧の一家が手を差し伸べ、男は彼らと穏やかな生活を送り始める。やがて、日雇い労働をして暮らすようになった彼は、救世軍で働く女性イルマと出会い、心を通わせていく・・・。

過去の記憶を失った男が新しい人生を歩いてゆく様を描いた、アキ・カウリスマキ監督によるユーモラスな感動作。
過去のない男を、マルック・ペルトラが演じる。
イルマ役を、カウリスマキ作品の常連カティ・オウティネンが演じ、2002年カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞している。

恋心の芽生えとともに、救世軍主催のロック・コンサートを企画したりと、男が行動的になっていく様子が淡々と描かれており、素晴らしい。
全編に流れるフィンランドのムード歌謡(イスケルマ)の名曲の数々とともに、挿入歌として流れるクレイジーケンバンドの「ハワイの夜」が印象的である。
人にとって過去の記憶は、その人の人格を形成する上で、とても重要だと思う。でも、それ以上に大切なのは、現在を精一杯に生きて、未来に生きることである。自分が年老いても、出来る限りそういう生き方をしたい。そんなことを感じさせる映画であった。
2002年度 キネマ旬報ベストテン 第7位。
評価:★★★★
c0186202_21473498.jpg
過去のない男 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-08-16 00:01 | カ行

キューティ・ブロンド

↓↓↓2009/08/08 UP↓↓↓
陽気で天然ブロンド美女のエル・ウッズは、学校一の人気者。だが婚約寸前までいった恋人のワーナーに髪がブロンドすぎて政治家を目指す自分の妻にふさわしくないと、ふられてしまう。エルは、ワーナーがハーバードのロー・スクールに進学すると知ると、自分も猛勉強を開始して、見事に入学するのだった。しかし、再会したワーナーは、すでに婚約者のヴィヴィアンと交際しており、彼女はエルを学園の邪魔者扱いする。それが逆にエルのやる気に火をつけるのだった・・・。

超一流ロー・スクールに合格した陽気なブロンド美女が、ポジティヴに目標に向かって突き進むさまを描いたコメディ。
エル役のリース・ウィザースプーンの、根拠のない自信に満ち溢れた前向きさには、いつの間にか感動してしまう。
ロバート・ルケティック監督による、落ち込んでいる時におススメの映画!
評価:★★★★★
c0186202_22411246.jpg
キューティ・ブロンド (特別編) [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-08-08 00:01 | カ行
↓↓↓2009/08/07 UP↓↓↓
TVリポーターのブリジットは、弁護士のマークと付き合い始めて6週間。幸せの絶頂だった。しかし、マークと美人アシスタントのレベッカとの噂や、互いの行き違いが原因で大ゲンカをしてしまう。落ち込むブリジットのもとに、TVリポーターに転職した最低男ダニエルとコンビで、タイへ旅行番組の取材に行くという話が舞い込んでくる・・・。

監督がビーバン・キドロンに変わった、大ヒット映画「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編。
前作以上に、役作りのためにポッチャリしたレネー・ゼルウィガーの役者魂はすごい。
真面目な弁護士マーク役をコリン・ファース、浮気男の上司ダニエル役をヒュー・グラントが前作に引き続き、出演している。

前作は恋に仕事に奮闘するブリジットに好感が持てたが、本作は空回りするブリジットが目に付き、イマイチ好感が持てなかった。
恋は成就してからが、難しいということだろうか。
評価:★★★★★
c0186202_23325459.jpg
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-08-07 00:01 | ハ行
↓↓↓2009/08/06 UP↓↓↓
ロンドンの出版社に勤めている32歳、独身、ダイエットが目標のブリジットは、ある夜セクシーな上司ダニエルと急接近する。しかし、彼はとんだ浮気男だった。傷心のブリジットは、TVリポーターに転職する。やがて、ブリジットは以前紹介された弁護士マークと再会し、彼女に好意を示してくれる。そしてブリジットの33歳の誕生日の夜、マークがお祝いに来るのだが、そこへダニエルが現れる・・・。

恋に仕事に奮闘する女性主人公の活躍を描いた、シャロン・マグアイア監督による爽やかなコメディ。
ブリジット役のために、6キロも太ったレネー・ゼルウィガーの役者魂には脱帽である。
真面目な弁護士マーク役をコリン・ファース、浮気男の上司ダニエル役をヒュー・グラントが演じる。

イギリス人監督によるロンドンが舞台の作品なだけに、「いかにもイギリス映画」という趣きが強い作品になっている。
主演のブリジットに、独身の30代女性なら、色々と共感できるのだろうか。
気軽な気持ちで観れる、後味が爽やかなロマンチック・コメディ。
評価:★★★★★
c0186202_0254732.jpg
ブリジット・ジョーンズの日記 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-08-06 00:01 | ハ行
↓↓↓2009/08/05 UP↓↓↓
ニューヨーク。女性誌の編集者アンディは、男と別れたい女性のための「10日間で男にフラれる方法」という企画を書くことになる。一方、広告代理店に勤めるベンは、上司から「10日以内に恋人をつくれば宝石店の大きな仕事を任せる」という約束を取り付けていた。そんなアンディとベンは、とあるパーティ会場で偶然出会い、互いの本心も知らずにデートの約束を交わす。アンディは、交際が始まるとすぐに、ベタつく+スネる+わがままをこねるといった女の武器を総動員して、彼から振られるべく奮闘するのだが・・・。

互いの思惑を秘めたまま、「偽りの恋愛」を繰り広げる2人をユーモラスに描いたドナルド・ペトリ監督によるラブ・コメディ作品。
アンディ役のケイト・ハドソンがとにかくキュートで、そのワガママぶりが笑いを誘う。傑作コメディを多く残している母親のゴールディ・ホーンを超えられるか、今後も注目していきたい。
ベン役は、マシュー・マコノヒーが演じている。

2人のやりとりが楽しめる作品ではあるが、エンディングで、もう一捻りロマンチックな結末を用意して欲しかったと感じるのは欲張りすぎだろうか。
評価:★★★★★
c0186202_23305586.jpg
10日間で男を上手にフル方法 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-08-05 00:01 | タ行

トゥルー・ロマンス

デトロイトのコミック・ブック店で働くクラレンスは、エルビス・プレスリーとカンフー映画が何よりも好きな若者。誕生日の夜、映画館でソニー千葉の3本立てを観ていた彼は、アラバマというキュートな女の子と知り合い、意気投合する。彼女は、勤め先の店長が誕生日のお祝いにと差し向けたコールガールだったが、恋に落ちた2人は、数時間後には結婚していた。クラレンスは、彼女の元ヒモであるドレクセルに話をつけに行くが、殺されかかり、逆に相手を殺してしまう。その上、彼女の衣装が入っていると思って持ち帰ったスーツケースには、大量のコカインが入っていた・・・。

激しい恋に落ちた男女の逃避行を、クエンティン・タランティーノ脚本、トニー・スコット監督で描いた作品。
クラレンス役のクリスチャン・スレーターが、理想の彼女と出逢い、殺人まで犯して過激に無計画に突き進んでいく青年を演じる。
アラバマ役のパトリシア・アークエットが、豹柄の似合う、映画史に残るキュートでチャーミングなヒロインを演じる。クラレンスが彼女のヒモを殺害したと聞いた時の「なんてロマンティック!」と感動するシーンは最高である。
クラレンスの元警官の父親役をデニス・ホッパーが、コカインの行方を追うマフィアのヴィンセンツォ役をクリストファー・ウォーケンが演じている。2人の緊張感ある対決シーンも、この映画の見所の一つである。
ドレクセル役をゲイリー・オールドマン、いつもラリってるフロイド役をブラッド・ピット、それ以外にヴァル・キルマー、サミュエル・L・ジャクソンといった主役級の個性派俳優が脇を固めている。

愛と暴力に溢れた道を疾走する2人を描いた、最高にロマンティックでクールなバイオレンス恋愛映画。
タランティーノのアクの強い脚本を、トニー・スコット監督がスタイリッシュに演出しており、その絶妙なハーモニーと、出演者たちの名演が、この映画を最高に魅力的な作品へと昇華している。
繰り返し流れる木琴の音色と、パトリシア・アークエットのキュートな魅力が印象に残る、私の大好きな1本。
評価:★★★★★
c0186202_22331549.jpg
トゥルー・ロマンス [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-08-02 00:02 | タ行

ショコラ

冬のある日、伝統が深く根づくフランスの小さな村に謎めいた女性ヴィアンヌが娘を連れて越してきた。母娘は、村の人々が見たこともない美味しそうなチョコレートであふれた店を開く。それぞれの客の好みにピタリと合わせて勧められるチョコレートは、人々をすっかり虜にし、村人はカトリックの断食期間にも、教義に反しチョコレートを食べていた。村の指導者レノ伯爵はその事実に愕然となり、ヴィアンヌを村から追放しようと画策する。そんな時、ジプシーの青年ルーの船が村に停泊した。彼は、ヴィアンヌに好意を抱き、協力していく。村は、少しずつ変わっていくのだが・・・。

ラッセ・ハルストレム監督による、すべての人を幸せにする不思議なチョコレートを売る母娘の物語。
ヴィアンヌ役のジュリエット・ビノシュが、チョコレートで人々を魅了するミステリアスな女性を演じ、アカデミー賞主演女優賞候補となった。
ルー役のジョニー・デップが、「ギルバート・グレイプ」以来となるハルストレム監督作品への出演で、ジプシーの青年を演じている。ミュージシャン出身のギターの腕前を披露しており、格好いい!
本作でアカデミー賞助演女優賞候補となったジュディ・デンチをはじめ、ハルストレム監督夫人のレナ・オリン、アルフレッド・モリナ、ピーター・ストーメア、キャリー=アン・モス、レスリー・キャロン、そして「ポネット」での名演が印象深いヴィクトワール・ティヴィソルといった豪華キャストが脇を固めている。

全編にわたって登場する美味しそうなチョコレートの数々が、それを食べる人々の悩みを解決していくというファンタジックなストーリー。
「ほのぼの」という形容がぴったりの甘ーい映画だが、私には「ギルバート・グレイプ」のような、少しビターな映画のほうが合うようである。
評価:★★★★★
c0186202_22362919.jpg
ショコラ [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-29 00:04 | サ行

ギター弾きの恋

c0186202_23243711.jpg1930年代、「世界で2番目」を自称するギタリスト、エメット・レイは、音楽的な才能に恵まれながらも、不埒で自堕落な毎日を送っていた。ある日、彼はニュージャージーで口のきけない純真な女性ハッティと出逢う。エメットに時には横暴な態度をとられながらも、彼女は献身的な愛を捧げ続け、やがて2人は愛し合うようになる。しかし、気紛れな生き方がやめられないエメットは、ハッティを捨て、上流階級出の女性ブランチと衝動的に結婚してしまう。やがて、ブランチとの結婚生活も破局を迎え、虚ろな日々を送るエメットは、自分にとって本当に大切だった愛に気付くが・・・。

ジャズ通で知られるウディ・アレン監督が初めてジャズ・プレイヤーを主人公にして撮った作品。
エメット役のショーン・ペンが、ギターの腕は確かだが、愛に不器用な主人公を、ユーモアとペーソスを交えながら演じている。
ハッティ役のサマンサ・モートンが、セリフのない難しい役柄ながら、表情豊かに恋する女の可愛さを、見事に演じている。
ブランチ役はユマ・サーマンが演じている。

ウディ・アレン版のフェデリコ・フェリーニ監督の「道」とでも言える作品。
ショーン・ペン演じる、どうしようもない自堕落なろくでなしだが、どこか憎みきれないキャラクターが秀逸である。ラストの切なさが絶品のおすすめ映画の1本。
評価:★★★★
ギター弾きの恋 [DVD]
c0186202_23304133.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-10 00:18 | カ行
c0186202_22345876.jpgニューヨーク、マンハッタンに暮らすボブ&ステフィ夫妻と子供達。何不自由ない生活なのに、それぞれが少しずつ恋の悩みを抱えている。長女スカイラーは優しい婚約者ホールデンを振り切って仮出所中のフェリーに一目ぼれ。次女ローラと三女レインは同じ男の子に夢中。ステフィの連れ子DJは、実の父親ジョーをけしかけて美しい人妻ヴォンにアタックさせる。はたして、リッチな家族とその友人たちをめぐる恋愛ゲームの結末は?

ニューヨークの超リッチな弁護士一家を中心とする人々の恋愛模様を、四季を通じて綴ったウッディ・アレン監督・出演のミュージカル・コメディ。
アラン・アルダ、ゴールディ・ホーン、ドリュー・バリモア、ルーカス・ハース、エドワード・ノートン、ナタリー・ポートマン、ジュリア・ロバーツ、ティム・ロスほか豪華スターの共演も見所の一つである。
物語の舞台も、春のニューヨーク、夏のヴェニス、そしてクライマックスは光あふれるクリスマスのパリと、こちらも豪華である。

アレン監督が長年の夢であったミュージカルに初挑戦した野心作で、豪華出演者たちの切ない恋心を語る歌声は、一見の価値がある。
特にラストの、ジョー役のウディ・アレンとステフィ役のゴールディ・ホーンとのセーヌ川の橋のたもとでの幸福感溢れるダンス・シーンは必見である。
1997年度 キネマ旬報ベストテン 第10位。
評価:★★★★★
世界中がアイ・ラヴ・ユー [DVD]
c0186202_22352924.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-08 00:16 | サ行