おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ロマンス ( 48 ) タグの人気記事

愛を読むひと

1958年、ドイツ。15歳のマイケルは、年上の女性ハンナと激しい恋に落ちる。ハンナはマイケルに本の朗読を頼み、いつしかそれが2人の愛の儀式となる。しかし突然ハンナは姿を消してしまう。
8年後、衝撃の再会が待っていた。法学生のマイケルが傍聴した裁判で見たのは、戦時中の罪に問われるハンナだった。彼女は「ある秘密」を守るために、不当な証言を受け入れて無期懲役となる。
裁判から10年、マイケルは刑に服すハンナの朗読者になることを決意していた。彼はなぜ、ハンナへの愛を本に託すことしかできないのか?自由を犠牲にしてまでも、ハンナが守る「秘密」とは?

ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー「朗読者」を、スティーヴン・ダルドリー監督が映画化した愛の物語。
ハンナ役のケイト・ウィンスレットは、本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞した。収容所の看守としての過去を持ち、物語の重要な伏線となる「秘密」を抱えたハンナという女性の、36歳からの30年間にわたる人生を熱演している。
マイケル役のレイフ・ファインズが、初恋のトラウマから抜け出せず、ハンナに献身的な愛を捧げつつも彼女の過去を受け入れられない男を演じている。
青年時代のマイケル役のデヴィッド・クロスが、ハンナと肉体を通して結ばれた恋に溺れ、再会後は彼女の秘密と過去に苦悩する青年を好演している。

ハンナが自分の生死に変えても隠したい「秘密」について、そこまで隠す必要が映画鑑賞中は理解できなかった。しかし、ダルドリー監督へのインタビューより、実際に同じような社会的ハンディを持つ人の中には、家族にも知られず一生を過ごした人もいるとのことで、大変驚かされた。

さて、この映画での最大のポイントは、ハンナの裁判でマイケルが下した「選択」だと思う。
彼は、ハンナへの愛から、命に変えても「秘密」を守ろうとする彼女を裏切れなかったのだろうか。
それとも、彼女を説得して「秘密」を告白させることで、自分が引き受けなければならないものの重さにたじろいだのだろうか。
私は、ハンナがナチズムの名のもとで犯した罪への「怒り」から、マイケルは「あの選択」を下したのだと感じた。それは、マイケルがかつてのユダヤ人の収容所を1人で訪れるシーンからも明らかだと思う。

確かにハンナは加害者である。戦後世代のマイケルには、老いたハンナと面会するに及んでも、ドイツの過去、ハンナの過去を受け入れることができていなかったのだろう。

だが、「人が人を裁く」のではなく、「法が人を裁く」のである!

それは、裁判員制度が始まった日本においても同じだと思う。
決して、「愛」や「怒り」から人を裁いてはいけないのである。
ドイツと同様、戦後が続く日本に生まれた私にも、色々と考えさせられる映画であった。
評価:★★★★★
>>公式サイト
c0186202_032470.jpg
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-05 00:03 | ア行

カイロの紫のバラ

1930年代、ニュージャジー。熱心に映画館に通いつめるウェイトレスのセリシアに、ある日スクリーンの中から映画の主人公トム・バクスターが語りかけてくる。スクリーンを抜け出したトムは、セシリアを連れて劇場を後にする。映画の登場人物たちはあきれて物語の進行を中断。大慌ての興行者をよそに、2人は意気投合して恋を語り合う。そこへ、主人公を演じた本物のギル・ジェルバートが現れて、事態はますます混乱を極めていく・・・。

映画を愛する者なら誰もが一度は夢見る、ウディ・アレン監督によるファンタジックなラブ・ロマンス。
セリシア役をミア・ファローが演じている。
トム役とギル役の1人2役をジェフ・ダニエルズが、器用に演じ分けている。

映画を愛する、全ての人のために作られた作品。
セリシアは、映画を観ることで現実を逃避しているのかもしれない。
でも現実を逃避できるから、人は生きていけるのであって、それが私にとって映画だったことは、とても幸せなことだと最近しみじみ感じる。素晴らしい映画との出会いを求める旅は、止められそうにない。
1986年度 キネマ旬報ベストテン 第2位。
評価:★★★★★
c0186202_21115829.jpg
カイロの紫のバラ [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-25 00:07 | カ行

スターダスト・メモリー

俳優兼監督のサンディ・ベイツは、コメディではなくシリアス作品を撮りたいと考えているが、最新作の試写の反応は芳しくない。彼は週末に開かれる映画祭に出席するため、スターダスト・ホテルに向かう。熱狂的なファンたちが詰め掛けた会場で、一作品上映終了ごとの鋭い質問に答えるサンディ。そんな彼のイメージに浮んでは消えるのは、かつての彼の作品に主演した美人女優ドリー。理想的な恋人でもあった彼女は、今は彼のもとを去っている。現在の恋人は、フランス人の人妻イゾベル。彼女は夫と別れ、2人の子供を連れて映画祭にやって来る。一方、サンディは、会場で出会った女性バイオリニストのデイジーにも惹かれていく。映画祭の喧騒の中、3人の女や子供時代への郷愁が、ある時は現実として、ある時は幻影として交錯していく・・・。

ウディ・アレンが、自身を連想させる俳優兼監督に扮し、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」を彼流に換骨奪胎した作品。
ドリー役のシャーロット・ランプリングの存在感ある演技が素晴らしい。ある日の午後のサンディと幸福感に包まれながらくつろぐ表情は圧倒的に美しい。
ちなみに、シャロン・ストーンが1シーンだけ、端役で出演している。

本作でも、ゴードン・ウィリスによるモノクロ撮影の美しさは見事である。
コメディからシリアス作品への転向を希望し、プロデューサーやスタジオ関係者から非難されるシーンはアレン監督自身の「インテリア」撮影直後の周囲の反応だったのではと、邪推してしまった。
評価:★★★★★
c0186202_21134016.jpg
スターダスト・メモリー [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-23 00:05 | サ行

アニー・ホール

うだつの上がらないスタンダップ芸人、アルビーは、テニスクラブでアニーと知り合い、意気投合する。2人はすぐに同棲を始めるが、次第に相手の嫌な部分が目に付くようになる。2人は精神分析医に相談し溝は埋まったかに見えたが、そんなある日、アニーがプロの歌手トニーに歌を誉められる。そして、2人は別居を決意し、アニーはカリフォルニアへと飛ぶのだった・・・。

ニューヨークを舞台に、都会に生きる男女の恋と別れを、ウディ・アレン監督が上質な情感を込めつつもコミカルに描き、アカデミー賞作品賞・監督賞ほか主要4部門を受賞したラブ・ストーリーの傑作。
アルビー役のウディ・アレンが、離婚歴のあるノイローゼ気味のユダヤ人を演じている。
アニー役のダイアン・キートンは、本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞している。本作の彼女の笑顔はとにかくキュートである。キートンは、アレン作品のミューズとして、この後も彼の数本の作品に出演している。
歌手トニー役でポール・サイモンが、アニーの弟役でクリストファー・ウォーケンが、パーティのゲストの1人にジェフ・ゴールドブラムが、そしてアルビーの新しい恋人役でシガーニー・ウィーヴァーが出演しているのも、今見れば楽しい。

登場人物の心の言葉を字幕で挿入したりするユニークな演出も随所に見られるが、描かれているのは普遍的な恋愛物語である。男と女が出会い、愛し合い、やがて出会ったころの情熱は失われ、別れが訪れる。そんな、どこにでもある恋愛が描かれていることが、本作がいつまでも愛される所以であろう。
ちなみに、アレンが本作のアカデミー賞の授賞式を欠席し、マンハッタンのクラブで得意のクラリネット演奏をしていたというエピソードは有名である。
1978年度 キネマ旬報ベストテン 第10位。
評価:★★★★
c0186202_2218351.jpg
アニー・ホール [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-19 00:02 | ア行
セルビアの農村で、祖父ジヴォインと気ままに暮らすツァーネは、ある日、自分の死期を悟った祖父から3つの約束を言い渡され、ひとりで町は行くことになる。その約束とは、
1.牛を売って、そのお金で聖ニコラスのイコン(聖画像)を買うこと。
2.好きなお土産を買うこと。
3.花嫁を連れて帰ること。
都会に驚くのも束の間、ツァーネは美女ヤスナに一目ぼれ。あの手この手で花嫁にしようと追いかけるがそこには町を牛耳るマフィア、バヨの陰謀が・・・。

花嫁探しに都会にやって来た少年の珍道中を、軽快な音楽に乗せて描くエミール・クストリッツァ監督によるラブ・コメディ。
ツァーネ役のウロシュ・ミロヴァノヴィッチが、田舎から来た純朴な少年を伸び伸びと演じている。
ヤスナ役のマリヤ・ペトロニイェヴィッチは、本作が映画デビュー作である。彼女の魅力的な笑顔には、ツァーネでなくても一目ぼれしてしまう!
祖父ジヴォイン役のアレクサンダル・ベルチェクは、クストリッツァ監督の「ライフ・イズ・ミラクル」に続く出演である。煙突から突き出る潜望鏡や家の周りの巨大な落とし穴など、発明品の数々は見ているだけで楽しい。
マフィアのボス、バヨ役をクストリッツァ監督作品の常連、ミキ・マノイロヴィッチが演じる。町に世界貿易センタービルの建設を企む、彼の相変わらずの怪演は見物である。

「黒猫・白猫」以来のドタバタ喜劇となる本作は、主演2人のハッピーエンドに向かって、ノンストップで突き進むポジティブなエネルギー溢れている。クストリッツァ監督は、農村と都会、牧歌的な田舎での生活と物に溢れた都会での生活、そんな対比への想いも込めて、本作を撮影したという。
しかし、そんなメッセージ性はともかく、単純明快な婚活ストーリーが、とにかく楽しい!

悲惨なボスニア紛争を経たセルビアで、本作のような幸福感いっぱいの映画が撮影されたことが、私には何よりも嬉しく感じられた。
評価:★★★★
>>公式サイト
c0186202_1161993.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-08 00:07 | ア行

ライフ・イズ・ミラクル

1992年、セルビア国境にほど近いボスニアの片田舎。セルビア人で鉄道技師のルカは、オペラ歌手の妻ヤドランカと、プロのサッカー選手を目指す息子のミロシュとともに、平穏な日々を送っていた。
しかし、内戦勃発で状況は激変。ヤドランカはハンガリー人のミュージシャンと駆け落ちし、ミロシュは徴兵されたうえ、敵の捕虜になってしまう。数日後、ミロシュの捕虜交換要員としてムスリム人の看護師サバーハが村人によって捕まり、ルカが身柄を預かることになる・・・。

エミール・クストリッツァ監督が、実際に捕虜の女性と恋に落ちたセルビア人男性の物語をヒントに描く切なくも心温まるヒューマン・ラブ・ストーリー。
ルカ役のスラヴコ・スティマチが、敵方の捕虜と恋に落ち、反対に敵の捕虜となった息子との交換を迫られ、苦悩する父親を演じる。
サバーハ役のナターシャ・ソラックが、捕虜でありながら監視役のルカに恋に落ちる女性を演じている。

ロバや熊、猫などの動物のエピソードを積み重ねながら、戦時下の不条理に満ちた人生と希望を、巧みに描いた作品。ラストのロバが引き起こすミラクルにも驚かされる!
しかし、ルカに恋愛感情を持つサバーハには、全く感情移入できなかったというのが正直な感想である。サバーハの愛情は、犯人と人質が閉鎖された空間を長時間共に過ごすことにより、人質が犯人に信頼や愛情を持つようになる「ストックホルム症候群」の一種ではなかろうか。
また、あれほど家族思いのミロシュを残し、クライマックスであのような選択をするルカにも、感情移入できなかった。

本作を観て、「スピード」でのキアヌ・リーヴスのセリフを思い出した。
「異常な状況下で芽生えた恋愛は長続きしない。」
評価:★★★★★
c0186202_1643964.jpg
ライフ・イズ・ミラクル [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-06-07 00:07 | ラ行

マディソン郡の橋

c0186202_12321253.jpg1989年冬、アイオワ州マディソン郡。フランチェスカ・ジョンソンの葬儀集まった長男のマイケルと妹のキャロリンは、母の遺書に「死んだら火葬にして、その灰をローズマン橋から撒いて欲しい」とあるのに当惑する。2人は彼らに当てた母の手紙と日記を読み始める。
1965年秋。農場主の妻フランチェスカは、平凡な主婦として穏やかな毎日を送っていた。そんなある日、夫のリチャードが2人の子供を連れて遠方へ出掛け、彼女は4日間、家で1人で過ごすことになる。そんな彼女の前に、ある男が道を尋ねてくる。男の名はロバート・キンケイド。旅のカメラマンで、この近くの屋根のある橋ローズマン橋を撮影に来たが道に迷ったという。橋までの道案内に車に同乗したフランチェスカ。それは2人にとって、永遠に心に残る4日間の始まりであった・・・。

ロバート・ジェームズ・ウォラーの世界的な大ベストセラーとなった同名小説を、クリント・イーストウッドが製作・監督・主演を務めて映画化。
フランチェスカ役のメリル・ストリープは、一生に一度の恋に落ち、誰にも止められないほどの感情を味わいながら、今の生活への責任から、別れを選択する女を演じている。
ロバート役のイーストウッドは、自由人でありながら、繊細でナイーブな男を見事に演じている。
本作のロケーションは全て小説に描かれたマディソン郡の実在の場所で行われており、美しい風景が胸にしみる。

鑑賞当時、20代前半で未婚だった私には、当時60歳を過ぎていたイーストウッドと、演技過剰気味のメリル・ストリープに、全く感情移入できなかった。
しかし、夫のリチャードと同じような境遇になった今なら、違った観方ができそうな気がする。その時はぜひ妻と一緒に鑑賞したいと思う。
1995年度 キネマ旬報ベストテン 第3位。
評価:★★★★★
マディソン郡の橋 特別版 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:10 | マ行
キャリアウーマンのジュリアンは、大学時代の恋人で、今は親友のマイケルから結婚の報せを受けて、大ショック。しかも相手のキミーは、美人で性格もよくお金持ちというパーフェクトな女性。この期に及んで、初めて自分が本当に愛している人が誰かを悟ったジュリアンは、友人のジョージにフィアンセのふりを演じてもらい、強力なライバルから何とかしてマイケルを取り戻そうと決心するが・・・。

昔の恋人の結婚に揺れる女心を、ユーモラスに描いたロマンティック・コメディ。
ジュリアン役のジュリア・ロバーツが、友情と恋愛に揺れる複雑な心境を演じ、共感を誘う。
マイケル役のダーモット・マローニーが、実直な新郎を演じている。
キミー役のキャメロン・ディアスが、キュートな笑顔で完全無欠の花嫁を魅力的に演じている。カラオケバーで音程をはずしまくって歌うシーンは最高である!
ゲイのジョージ役のルパート・エヴェレットが、ジュリアンのよき相談相手を演じている。彼の愉快で、チャーミングな好演が、この作品の絶妙なスパイスとなって効いている。

P・J・ホーガン監督が、タイプの違う2人のコメディエンヌの魅力を最大限に活かした作品。
ホーガン監督の選曲センスは抜群で、ディオンヌ・ワーウィックのヒット曲「小さな願い」をキャスト全員で大合唱するシーンは、映画史に残る名シーンである。エンドロールでは、同じ曲をダイアナ・キングがレゲエ風にアレンジして聞かせてくれる。
「ミュリエルの結婚」に出演していたレイチェル・グリフィスが、キミーのちょっと間抜けな従姉妹役で出演していたのも嬉しかった。
観れば誰もが幸せな気持ちになれる、ロマンティック・コメディの大傑作。
評価:★★★★★
c0186202_18245679.jpg
ベスト・フレンズ・ウェディング [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-29 00:02 | ハ行
マロリーとその恋人のミッキーは、マロリーに幼い頃から性的虐待を加えてきた父親と、それを見て見ぬふりをしてきた母親を殺し、ルート666をひた走る。ゲームのように殺人を重ねる彼らは、いつしかマスコミによってヒーローに仕立てられていた。2人を捕らえ自分の名を売りたい刑事、独占インタビューを目論むTVキャスターたちが彼らを追うのだった・・・。

52人殺害の連続殺人鬼ミッキー&マロリー・ノックスの凶行と、彼らを取り巻くメディア社会の狂気を描いた問題作。
ミッキー役のウディ・ハレルソンと、マロリー役のジュリエット・ルイスが、殺人を繰り返す2人を演じている。ルイスは、本作のような奔放な役を演じると、見事にハマった演技を見せてくれる。
ゲール役のロバート・ダウニー・Jrが彼らを執拗に追うTVキャスターを演じている。特に物語後半のキレた演技は印象的である。
それ以外には、キャグネッティ役のトム・サイズモアが2人を逮捕して自分の名を売りたい暴力刑事を、マクラスキー役のトミー・リー・ジョーンズがサディスティックな刑務所長を、それぞれ演じている。

クエンティン・タランティーノによる原案をオリヴァー・ストーンが脚本・監督した作品。(しかし、タランティーノ自身は、ストーン監督の演出した本作をあまり気に入っていないらしい。)
1990年代のアメリカの犯罪状況と、それを執拗に報道するメディアを風刺的に描きつつ、普通のフィルム映像から、TV映像、モノクロのホームムービー、アニメーション、実際のニュース映像などの断片的な映像により、観客たちをMTVのようなポップな映像体験へと誘っている。
監督の深ーい(?)メッセージ性を感じることなく、ただ不快感だけを感じた観客も多かったのでは、という感想を持った作品。
評価:★★★★★
c0186202_19335521.jpg
ナチュラル・ボーン・キラーズ 特別版 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-22 00:07 | ナ行
香港製のラブ・コメディ「君さえいれば/金枝玉葉」の続編。
晴れて恋人同志として暮らし始めたサムとウィン。だが、お互いの生活リズムが違うため、サムはイライラを募らせていく。現状を打開すべく、ウィンは再び男装して芸能界に復帰する。ウィンは新人賞も受賞して絶好調。そんな彼女の前に、かつて男装の麗人として一世を風靡した女性シンガー、フォンが出現。同じマンションに住むことになたフォンは、ウィンにとって何でも話せる相談相手となるが、フォンは男装のウィンを男と思い込み、心惹かれていく・・・。

恋人たちが体験する心の迷いや試行錯誤を、ユーモアと愛情たっぷりに描くサムとウィンの第2章。
前作から引き続き、レスリー・チャン、アニタ・ユン、エリック・ツァン、カリーナ・ラウが出演。
フォン役のアニタ・ムイが、セルフ・パロディのような大スター役を、存在感たっぷりに演じている。
前作でもウィンの友人ユーロウ役を演じたチャン・シウチョンが、フォンの同居人オー役のテレサ・リーに猛アタックする役を好演している。

サムとウィンとフォンの三角関係を描いた本作は、より等身大の現実に近づいたコメディになっている。
ピーター・チャン監督は、オードリー・ヘップバーンとアルバート・フィニーが共演している映画「いつも2人で」から本作のヒントを得たと言う。この映画では、一組の夫婦の12年間を現在と過去を巧みに交錯させながら、その愛の軌跡を描いている。
本作も、愛し合って一緒になった恋人たちが、どうやって愛を維持していくかが、テーマになっている。
前作とは違った三角関係を描きつつも、以外にシビアなストーリー展開のため、前作ほど楽しめなかったと言うのが、正直な感想である。
評価:★★★★★
c0186202_103388.jpg
レスリーチャン ボクらはいつも恋してる! 金枝玉葉2 [DVD]


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-05 00:05 | ハ行