おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Ray/レイ

↓↓↓2009/08/04 UP↓↓↓
ジョージア州の貧しい家庭に生まれたレイ・チャールズ・ロビンソン。病弱ながらも、常に毅然とした母アレサによって、彼は弟と仲良く育てられた。だがある日、弟が溺死してしまう。そしてレイも7歳の時に、視力を失い、それ以来「音」に光明を見いだしていく。
1948年、17歳になったレイは、シアトルに出て音楽活動を始める。ピアノの才能を認められたレイは、バンドのツアーに参加し、盲目の天才と呼ばれるようになる。だが、その一方で麻薬に溺れ始めるのだった。
それでも、1952年にレコード契約を結び、1954年にはゴスペル・シンガーのデラ・ビーと結婚しソロのレコードでヒットを飛ばす。やがて息子が生まれたレイは、音楽界で成功し、幸福な家庭を築くが常に新しいものを生み出さねばならないというアーティストとしての焦燥感から、ヘロインと女に溺れていく・・・。

本作の完成直前に惜しくも他界した盲目の天才ミュージシャン、レイ・チャールズの生涯を、テイラー・ハックフォード監督が映画化。
レイ役のジェイミー・フォックスは、本作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞している。劇中でのピアノ演奏シーンはすべてジェイミー・フォックスの実演とのことで、レイの体を掻く癖や喋り方を完璧にマスターして演じている。

本作では、何度もフラッシュバックで、レイが失明してからも決して甘やかさなかった母親の姿と、故郷の原風景が挿入される。
レイが次々とヒット作を生み出し、どん底の状態から這い上がる原動力となったのは、母親との記憶と、黒人としてのアイデンティティだったということが丹念に描かれた作品。
評価:★★★★★
c0186202_028782.jpg
Ray / レイ [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-08-04 00:01 | ラ行

世界最速のインディアン

1960年代、ニュージーランド南端の町、インバカーギル。独り小屋に住む初老の男バート・マンローは、40年以上も前のバイク「1920年型インディアン・スカウト」を自ら改造し、ひたすら速く走ることに人生を捧げてきた。そんな彼の夢は、ライダーの聖地、アメリカのボンヌヴィル塩平原(ソルトフラッツ)で世界記録に挑戦することだった。肉体的な衰えを感じ、もはや挑戦を先延ばしにはできないと悟ったバートは、周囲の人々の協力で、どうにか渡航費を捻出すると、貨物船にコックとして乗り込み、海路アメリカを目指すのだった・・・。

60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続け、世界最速記録を更新した実在の人物バート・マンローをモデルに作られたロジャー・ドナルドソン監督による感動の人間ドラマ。
マンロー役のアンソニー・ホプキンスが、少年のように夢を追い求める老人を、飄々と演じている。

この映画には「悪意」が存在しない。マンローが見知らぬ土地で困難に遭遇したとき、彼と偶然接した人は思わず手を差し伸べてしまう。それは、彼の正直で心の底から夢を追い求める姿に、誰もが失ってしまった「純粋な何か」を見いだすからだろう。
数々のエピソードの後にむかえる、クライマックスのレースシーンには、思わず胸が熱くなる。
夢を持つことの大切さ、他人も自分も信じる生き方など、人生の楽しみ方を教えてくれる作品。
評価:★★★★
c0186202_2359468.jpg
スマイルBEST 世界最速のインディアン [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-22 00:01 | サ行

マルコムX

青年マルコムは、NYハーレムで、街のボス、アーチーの手下となり、悪事のかぎりをつくす。21歳の時に、友人ショーティと窃盗罪で逮捕され、8~10年の懲役を受ける。刑務所の中でイスラム教に改宗した彼は、教養を身に付け、マルコムXと改名する。出所したマルコムは、ブラック・モスリムの指導者イライジャ・ムハマッドのもとで、白人を敵対視する扇動的な運動を展開する。やがて、組織の活動に疑問を感じたマルコムは、組織を脱退。メッカを巡礼したマルコムは、他を否定しない異人種との共存という新しい理念に目覚める。しかし、1965年2月21日、ハーレムのオーデュボン・ボウルルームでの講演中に、ブラック・モスリム組織の一員によって、39歳の若さで射殺されるのだった・・・。

黒人解放運動指導者マルコムXの生涯を、スパイク・リー監督・製作・脚本・出演で描いた渾身の力作。
マルコム役をデンゼル・ワシントンが演じ、マルコムについて調べ尽くしたという非の打ち所のない演技に魅了される。
マルコムの妻ベティ役をアンジェラ・バセットが、アーチー役をデルロイ・リンドーが、ショーティ役をスパイク・リーが演じる。

原作は「ルーツ」の作者として有名なアレックス・ヘイリーがまとめた「マルコムX自伝」。
「非暴力主義」を前提とした公民権運動のリーダー、キング牧師に対し、常に「過激派」「暴力主義者」といったイメージが付きまとうマルコムXの真実の姿と思想に、スパイク・リー監督が迫っている。
マルコムが、「キリストは生誕の土地から考えて、肌が黒かったはずだ。」と発言するシーンがあるが、鑑賞当時「なるほど」と感じたことを覚えている。
評価:★★★★★
c0186202_052545.jpg
マルコムX [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-07-21 00:03 | マ行

バード

1954年9月1日、自殺を図り精神病院に収容されたチャーリー・“バード”・パーカーの脳裏に、故郷カンザスシティでの記憶が蘇る。18歳でニューヨークに進出したパーカーは、やがてダンサーのチャンと結婚する。1940年代後半になるとディジー・ガレスピーらとともに、「ビ・バップ」と呼ばれる新しいジャズの中心的存在として活躍し、音楽的絶頂期を迎えていた。しかし、華やかな活躍とは裏腹に、彼は次第に酒と麻薬に溺れていく・・・。

モダン・ジャズの祖であるサックス奏者チャーリー・パーカーの34年の生涯を、ジャズ好きで知られるクリント・イーストウッド監督が、回想を交えた絶妙な演出で、丹精込めて描いた作品。
パーカー役のフォレスト・ウィテカーが、麻薬に溺れ、傷つきながらも、己の音楽を勝ち取っていく男を熱演している。
オリジナル演奏をデジタル化したサウンドプロダクションは、アカデミー賞音響賞を受賞している。
ただ、全体的に映像が暗く、ストーリーの時間軸がわかりにくいのが残念!
評価:★★★★★
c0186202_21443091.jpg
バード

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:06 | ハ行

潜水服は蝶の夢を見る

ファッション誌「ELLE」の編集長として順風満帆な人生を送っていたジャン=ドミニク・ボビーは、42歳の時、ドライブ中に突然脳梗塞で倒れてしまう。病室で目覚めた彼は、身体全体の自由を奪われた「ロックト・イン・シンドローム(閉じ込め症候群)」になっていた。意識は鮮明なのに、言葉を発することができない彼は、言語療法士アンリエットや理学療法士マリーらの協力で、左目の瞬きだけでコミュニケーションをとる方法を会得する。そしてある日、彼は自伝を書こうと決意。編集者クロードの代筆で、これまでの帰らぬ日々や思い出をしたためていくのだった。

原作は主人公のジャン=ドミニク・ボビー自身が20万回の瞬きで綴った自伝小説。
マチュー・アマルリックが、体が不自由になって、あらためて家族の大切さを思い知るジャン=ドー役を熱演している。

前半は主観ショットを中心にジャン=ドーの不安や焦燥感、苛立ちを、後半は彼の想像力の拡がりとともに幻想的なシーンが描かれる。
健康なときには、つい忘れてしまう周囲の人々への愛や感謝に、この作品と出逢ったことで、あらためて気付くことができた。
ジュリアン・シュナーベル監督作品。
評価:★★★★★
c0186202_18165753.jpg
潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-26 00:01 | サ行

ドアーズ

1965年、カリフォルニア。UCLA映画科の学生ジム・モリソンは、目の前を行く少女に一目惚れしその後を追う。それが、ジムとパメラの出会いだった。同じ頃、ジムが結成したバンド「ドアーズ」は、「ハートに火をつけて」のヒットで、すぐに若者たちの支持を集める。だが、人気が登りつめるのと同時に、彼の詩を理解しようとしない大衆との衝突が始まる。そして彼の人生は、ドラッグとアルコールで、次第に崩れ始めるのだった・・・。

伝説的ロック・グループ、ドアーズのヴォーカリスト、ジム・モリソンの半生を、オリヴァー・ストーン監督が映画化した作品。
ジム・モリソン役のヴァル・キルマーが、ジム本人に似すぎている!キャスティングの勝利である。
パメラ役のメグ・ライアンが、コメディエンヌの演技を封印し、ジムのハートに火をつけた女を体当たりで熱演している。

1960年代のアメリカの空気が伝わる作品だが、後半の破滅への道を突き進むジムの姿が痛々しい。
映画館で本作を鑑賞したその日に、アルバム「ハートに火をつけて」を購入したのを覚えている。
「ブレイク・オン・スルー」は、今でも私のお気に入りの一曲である。
ちなみに、ドアーズの「ジ・エンド」という曲は、映画「地獄の黙示録」でも効果的に使用されている。
評価:★★★★★
c0186202_23255452.jpg
c0186202_23262092.jpg
ドアーズ:スペシャル・エディション 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
ハートに火をつけて

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-21 00:05 | タ行

ミルク

1972年、ニューヨーク。金融業界で働いていたハーヴィー・ミルクは、20歳年下のスコットと出会い恋に落ちる。2人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、カストロ地区と呼ばれる地域で小さなカメラ店を開く。やがてそこは同性愛者やヒッピーたちのよりどころとなり、ミルクたちは彼らを快く思わない保守派に対抗して新しい商工会を結成する。社会的弱者のために積極的に活動するようになった彼は、次第に政治に目覚めていき、ついにはサンフランシスコの市政執行委員に立候補する・・・。

同性愛者であることを公表し、あらゆるマイノリティの社会的地位向上のために、米国史上初めて公職に就いた政治家ハーヴィー・ミルクの半生を描いた伝記ドラマ。
アカデミー賞主演男優賞を受賞したミルク役のショーン・ペンが、「ハーヴィー・ミルク」自身の癖や声を完全にマスターし、同性愛者になりきって演じている。
スコット役のジェームズ・フランコは、ミルクを愛して、嫉妬して、そして別れても見守り続けるという複雑な役を熱演している。「スパイダーマン」シリーズでしか知らなかった彼の役者としての別の一面を再確認することができた。
ダン・ホワイト役のジョシュ・ブローリンが、同じ市政執行委員で脚光を浴びるミルクに対して、敬虔なキリスト教徒であり、ミルクと常に対峙しながら選挙区民との間で板挟みとなり、ストレスを蓄積させていく男を演じている。本作とは直接関係ないが、「ノーカントリー」への出演など、最近活躍著しい彼のデビュー作が、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮の「グーニーズ」の子役の1人だったことを知って驚いてしまった。

ミルクが過ごした濃密な8年間を、ガス・ヴァン・サント監督が、当時の映像も交えながら丁寧に描いた作品である。
しかし私が鑑賞してイマイチ感動できなかったのは、本作のエンドクレジットでも謝辞が述べられている1984年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞のロバート・エプスタイン監督の「ハーヴェイ・ミルク」の存在である。時おり挿入される当時の映像も、この優れたドキュメンタリー映画を観ているので、本作自体を「ドキュメンタリー風の」中途半端な映画に感じてしまった。特に、クライマックスのキャンドル・ライトのマーチも、本物が持つ映像のパワーには遠く及ばないと強く感じた。

とはいえ、本作ではあまり知られていないミルクの政治活動以外のプライベート(ミルクの40歳の誕生日を祝うシーンがあるが、スコットと出会ったのは1970年だったのだろうか?それとも、このシーン自体フィクションなのだろうか?)について赤裸々に描かれていること、同性愛者の教職員を解雇できる法律「提案6号」のエピソードが、昨年投票にかけられた同性婚禁止の法律「提案8号」に重なって見えること、またアメリカ初の黒人大統領が選ばれたことなど、もう1度「ハーヴィー・ミルク」という偉大な人物について、振り返ってみるには相応しいタイミングだったように思う。

「ハーヴェイ・ミルク」というドキュメンタリー映画を観ていなければ、この映画に対する私の印象も、全く違うものになっていただろう。俳優たちの熱演が素晴らしいだけに、ドキュメンタリー・タッチではない、違った切り口での映画が観たかった。
評価:★★★★★
>>公式サイト
c0186202_21213915.jpg

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-04-25 00:06 | マ行
1947年9月。プリンストン大学院の数学科に入学を果たしたジョン・ナッシュ。周囲に変人扱いされながらも研究に没頭する彼は、ついに画期的な「ゲーム理論」を発見する。希望していたMITのウィラー研究所に採用されたナッシュのもとに、ある日、諜報員のパーチャーが現れ、米ソ冷戦下の暗号解読を依頼される。やがて、聴講生のアリシアと愛を交わすようになり、2人は結婚する。しかし、極秘任務のプレッシャーに、ナッシュの精神は次第に追い詰められていく・・・。

ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞学者ジョン・ナッシュの波乱に満ちた人生を、ロン・ハワード監督がサスペンス・タッチに映画化し、アカデミー賞作品賞・監督賞ほか主要4部門を受賞した作品。
ナッシュ役のラッセル・クロウが、総合失調症に苦しみ、やがてノーベル賞を受賞する数学者を熱演している。鑑賞前は、クロウに対して「本当の正体は『グラディエーター』で滅茶苦茶タフなんやろう。」というツッコミも考えていたのだが、鑑賞後はその演技の幅の広さに驚いてしまった。
アリシア役のジェニファー・コネリーが、夫とともに病と闘い、常にあたたかい眼差しで夫を見守る妻役を好演し、見事アカデミー賞助演女優賞を受賞した。

ハワード監督は本作で、総合失調症の患者から見た「この世界」を観客に追体験させるという斬新な演出を行っている。この追体験が強烈であるがゆえに、ラストのノーベル賞授賞式のシーンは、感動的で胸に迫るものがあった。
ちなみに、ジョン・ナッシュ本人は、現在もプリンストン大学で数学の研究を続けているという。
評価:★★★★★
c0186202_11542345.jpg
ビューティフル・マインド [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-03-01 00:10 | ハ行

チェ 39歳別れの手紙

伝説の革命家エルネスト・チェ・ゲバラの半生に迫る2部作の後編。
1965年、キューバ革命に成功したゲバラが、忽然と姿を消す。キューバの指導者となったカストロはゲバラからの「別れの手紙」を公表する。それは、ゲバラがキューバでの地位や市民権を放棄し、新たな戦場へと旅立つ決意を吐露したものだった。家族との最後の食事を済ませたゲバラは、1966年11月3日、米州機構の特使と偽って、次なる革命の地ボリビアへと入国する。バリエントス大統領の独裁政権下にあったボリビアで、ゲリラ部隊を組織して革命へと動き出すゲバラ。しかし、共闘すると考えていたボリビア共産党の協力は得られず、解放するはずの農民からは敵視され、アメリカに支援された政府軍によって、ゲバラ達は序々に追い詰められていく・・・。

前編では、キューバ革命成功までの道のりをシネマスコープで撮影していたのに対し、後編の本作では、ゲリラ隊員達の飢えや恐怖をビスタサイズで撮影することで、より緊張感のある映像となっている。
生前、「愛のない本物の革命家なんて考えられない」と語っていたゲバラ。自分の信念を最期まで貫き、理想の世界を目指した1人の男の生き様に、私の魂は強く揺さぶられた。
スティーヴン・ソダーバーグ監督作品。
評価:★★★★
>>公式サイト
c0186202_495846.jpg
チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-01-14 00:10 | タ行

チェ 28歳の革命

伝説の革命家エルネスト・チェ・ゲバラの半生に迫る2部作の前編。
1955年、メキシコ。フィデル・カストロと運命的な出会いを果たしたゲバラが、ゲリラ戦を指揮しながら、キューバ革命を成し遂げるまでを、1964年の国連総会での演説を、モノクロ画面で交えながら描くいた作品。

ゲリラ志願兵に対して文字を読むことの大切さを語り、脱走兵に対しては毅然とした粛清を行う、己の正義を貫く革命家としての姿が、今なお世界中の若者から愛されるカリスマたるゆえんなのだろう。
この映画を観る前に、若きゲバラが南米を旅する姿を描く「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観ておくと、よりゲバラという人物が理解できる。
スティーヴン・ソダーバーグ監督作品。
評価:★★★★★
>>公式サイト
c0186202_1944461.jpg
チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-01-14 00:09 | タ行