おすすめ映画のレビュー・批評やランキングを紹介します!!過去に観た映画のレビューも追加していきます。お楽しみに!


by movie4life
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:西部劇 ( 3 ) タグの人気記事

許されざる者

1880年、ワイオミング。冷酷な殺人鬼として悪名を轟かせたウィリアム・マニーも、今は2人の子供と静かに農場で暮らしていた。そんなマニーの元にスコフィールド・キッドという若いガンマンが、2人のカウボーイに1,000ドルの賞金が懸けられた話を持ち掛けてくる。農場だけでは生活が苦しいマニーは、やむなく11年ぶりに銃を手にする。マニーのかつての相棒ネッド・ローガンを加えた3人は、追跡行に出るのだった。その頃、町では実力者の保安官のリトル・ビル・ダゲットが、やって来る賞金稼ぎを片っ端から叩きのめしていた・・・。

クリント・イーストウッドが自身の「最後の西部劇」と語った、アカデミー賞作品賞・監督賞を受賞した入魂の作品。
本作でアカデミー賞助演男優賞を受賞したジーン・ハックマンは、町の平穏のために暴力と恐怖で人々を牛耳る保安官ダゲットを演じる。ダゲットは、家では大工仕事に精を出す家庭人であり、「善」と「悪」を併せ持つ複雑な役柄を見事に演じている。
一方、イーストウッド演じるマニーは、かつては列車強盗を働き、女子供まで殺した札付きの「悪」である。だが今では、子供を気づかい、女性に優しく、友情に厚い男であり、最後には観る者にカタルシスを与える銃撃シーンを演じる。

この映画には、かつての西部劇のような、単純な「善」と「悪」は存在しない。登場人物1人ひとりの選択を通して、暴力は加害者と被害者の双方に重大な影響を及ぼすという虚しい事実が描かれている。
セルジオ・レオーネとドン・シーゲル両監督に捧げられた、西部劇の名作である。
1993年度 キネマ旬報ベストテン 第1位。
評価:★★★★
c0186202_2142359.jpg
許されざる者 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:08 | ヤ行

ペイルライダー


ゴールドラッシュにわくカリフォルニア。小さな峡谷の1つ、カーボン峡谷も鉱山主のラフッドによって乗っ取られようとしていた。この村に住む少女ミーガンと母のサラ、そして彼女の婚約者ハルの一家は、ラフッドから度重なる嫌がらせを受けていたのだった。そんなある日、1人の男が現れる。牧師の装いだったことから「プリーチャー」と呼ばれるその男は、一家を助けてラフッドの支配から町を解放しようとするのだが・・・。

「アウトロー」以来となる、久しぶりのクリント・イーストウッド監督・主演の西部劇。
イーストウッド版「シェーン」とも評価されている作品だが、彼が演じた過去に影のあるプリーチャー役は魅力的である。
西部の大自然をバックにした映像が美しい。
評価:★★★★★
c0186202_2055270.jpg
ペイルライダー [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:04 | ハ行

アウトロー

南北戦争末期のある日、農夫のジョジー・ウェールズは、突然現われたテリル大尉率いる北軍直属の一隊に妻子を殺されてしまう。怒りに燃えるジョージーは、銃を携えてフレッチャーら率いる反逆団に加わり復讐に立ち上がる。しかし、間もなく戦争は終わるが、テリルの策略にはめられた仲間の多くが殺されてしまう。その難を逃れたジョージーは独り、インディアンの土地をさすらう。彼は、道中でチェロキー族のローンや美しい女性ローラと出会い、共に旅を続けていく。だがその一方で、執拗にジョージーの行方を追うテリルと命を助けられテリルの部下となったフレッチャーたちの影が徐々に迫っていた・・・。

南北戦争後の西部に生きた男の半生を描いたクリント・イーストウッド監督・主演の意欲作。
ジョージーは7丁の銃を持ち、「1人の軍隊」と呼ばれていた。当時の拳銃は雷管式のため、弾薬の詰め替えに時間がかかり、1人で多数の敵と戦うには何丁かの銃を携える必要があったのだ。
マカロニ・ウエスタンで物理的リアリズムを学んだ、イーストウッドならではのユニークな発想の作品。
フレッチャー役のジョン・ヴァーノンとの、ラストシーンが印象的。
評価:★★★★★
c0186202_21435877.jpg
アウトロー 特別版 [DVD]

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
現在、参加中です!!ぜひ1日1回クリックお願いします。
[PR]
by movie4life | 2009-05-31 00:01 | ア行